Out of the blue

まさかまさかの急展開

【S22最終93位R2056】叱責カバザシノラゴン

f:id:arumix1010:20211001120926j:plain

 こんにちは、あるです。今回はダイマックスなし禁止伝説ありのルールで93位というそれなりの成績を残すことができたので使用構築を紹介したいと思います。(以下常体)

 

 

 

【構築経緯】

 禁止伝説あり、ダイマックスありの竜王戦ルールで使い慣れていた点、ダイマックスがなくなったことによってさらに単体としての性能が高くなったザシアンを伝説枠として構築を組むところからスタートした。メインロムをレート2000まで上げた際にはミラーでザシアンへの受け先となるウインディ、浮いている枠兼ザシアンとウィンディが苦手なマンムー等の地面枠に強い水ロトムをベースにした構築を使用していたが、ステルスロックを絡められるとウインディがザシアンに対して安定しないなど欠点が露呈してしまったため最終日1日前に構築を組み替えることにした。様々な構築を試したが最終的には前期少し使用していたカバルドン+ザシアン+砂かきウオノラゴンの並びが多くの相手に対して5分以上に戦えると判断し使用することを決意した。

 

【コンセプト】

カバルドンステルスロック+欠伸やサンダーのゴツゴツメット等で定数ダメージを稼ぎエースを通す。

サイクルを回しながらダメージレースで勝利する。

 

【個体紹介】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:H252.B212.D44 ※Sは最遅ラグラージ抜かれ

技構成:地震.ステルスロック.欠伸.吹き飛ばし

調整意図

HB:オボン込みでほぼすべてのザシアンのきょじゅうざんを2回耐える

HD:あまりでなるべく高く

 ありきたりなHBカバルドン竜王戦ルールでは出落ちしないためにDに厚く努力値を割いてサンダーのダイジェット耐えまで調整を施していたが今回のルールではその必要がなく、火力の高いザシアンが多かったためBに厚く努力値を割いた。持ち前の耐久と、ステルスロック+欠伸による起点作成がとても優秀なポケモン。後述するザシアンがそこまで火力がある型ではないためステルスロックによる定数ダメージ稼ぎがかなり優秀だった。今期流行していた禁止伝説+マンムーのような並びにもステルスロックを撒くことによって相手の襷を潰す動きが強力だった。

選出率2位

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:陽気

持ち物:朽ちたけん

努力値:H188.A196.S124

技構成:きょじゅうざん.じゃれつく.インファイト.剣の舞

調整意図

H:臆病眼鏡黒バドレックスのアストラルビットを最高乱数切り耐え

A:余りでできるだけ高く

S:最速ムゲンダイナ抜き抜き

 少し速めなHASザシアン。今期はHAベースのザシアンが多いと予想したため陽気で採用し最低限素早さに努力値を割くことにした。実際最終日はザシアンミラーで素早さで負けたのは一回しかなかったためこの判断は正解だったと思う。ムゲンダイナよりも素早さを高く設定することにより相手のスカーフ判別ができた点はとても優秀だった。技構成はタイプ一致技二つと高くないAを補うための剣の舞、鋼タイプ全般への打点となるインファイトを採用した。炎の牙ではない理由は日食ネクロズマにはインファイトの方が火力が出る点、ヒードランでザシアンを受けにくる構築を咎められる点である。優秀な耐性と種族値のおかげでほぼ全ての構築に対して選出することができた。

選出率1位

 

ウオノラゴン

f:id:arumix1010:20201201130057g:plain

性格:いじっぱり

特性:砂かき

持ち物:こだわり鉢巻

努力値:A252.S252

技構成:エラがみ.逆鱗.ドラゴンダイブ.地震

調整意図

ASぶっぱ

 普通の砂かきウオノラゴン。カバルドンとセットで選出することによってスカーフ持ちではないポケモンに対して上からエラがみを叩き込める。ミラーを意識するならいじっぱりよりも陽気の方が良いが、いじっぱりでないとHBサンダーがステルスロック+エラがみで落とせないためいじっぱりで採用した。技構成は上から殴ることができれば相手に高い負荷をかけられるエラがみ、タイプ一致の逆鱗、逆鱗を打ちたくない場面で打てるドラゴンダイブ、最後にザシアン+水に一貫する地震を採用した。砂かき発動中の制圧力が相変わらず高いポケモンだった。

選出率3位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:図太い

特性:静電気

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:H252.B236.S20

技構成:放電.暴風.とんぼ返り.羽休め

調整意図

HB:できるだけ高く

S:麻痺した最速スカーフウーラオス抜き

 最強運ゲポケモンメタモン入りの構築に最低限投げられる、構築で若干きついウーラオスに対して強い枠として採用。採用したはいいが構築を組んでから最終日まででメタモン入りにあまり当たらなかったり、ウーラオスにもそもそも当たらなかったためあまり選出しなかった。技構成は居座れる電気技が欲しかったので放電、タイプ一致高火力の暴風、地面タイプに対しても対面操作できるとんぼ返り、高速回復技の羽休め。相変わらず相手に対して30%運ゲを仕掛けられる点は強かった。

選出率5位

 

ポリゴン2

f:id:arumix1010:20201201130722g:plain

性格:穏やか

特性:アナライズ

持ち物:進化の輝石

努力値:H244.B156.C12.D92.S4

技構成:冷凍ビーム.シャドーボール.トリックルーム.自己再生

調整意図

HB:臆病眼鏡バドレックスのサイコショック確定2耐え

HD:臆病眼鏡バドレックスのサイコキネシス確定2耐え

C:無振りバドレックスにアナライズシャドーボールが16分の13で落ちる

S:あまり

 黒バドレックス対策としてポリゴン2を採用した。この枠はガラルファイヤー等試したが一番安定するのがポリゴン2だったため最終的にはポリゴン2になった。技構成はジガルデ軸にも選出したかったため冷凍ビーム、バドレックスへの打点となるシャドーボール、襷バドレックスに悪巧みを積まれた場合に切り返しが可能となるトリックルーム、回復技の自己再生の四つ。トリックルームが様々な場面で生きたのでとても強い技であると感じた。ただ最終日に黒バドレックスと一回しか当たらなかったため選出率は低め。

選出率6位

 

ゴチルゼル

f:id:arumix1010:20211001133507g:plain

性格:図太い

特性:かげふみ

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:H252.B252.D4

技構成:アシストパワー.コスモパワー.眠る.トリック

調整意図

HBぶっぱ

 様々な受けループがしんどかったので採用した。ザシアン軸におけるゴチルゼルはムゲンダイナをキャッチするよりもヌオーやドヒドなどをキャッチすることが優先であると考えて眼鏡ではなくスカーフトリックコスモパワーで採用した。ねむかごの場合だとグロパンヌオーに負けてしまったり、眼鏡トリックだとウオノラゴン受けに出てくるトリトドンに負けてしまうのでスカーフで採用。スカーフを持たせることによって擬似的にSを上げることができるのでSがゴチルゼルよりも少し速い積みポケモンが一回積んでから殴ってくる展開を阻害できる。実際最終日前日に日食ネクロズマをスカーフトリックで嵌めて勝つことができた。嫌ってる人が多いポケモンではあるが使ってみると強い。ホウオウ軸にはこのポケモンでウオノラゴン受けをキャッチするしか勝ち筋がなかったため釣り交換を多用して頑張った。

選出率4位

 

選出パターン

ザシアン軸

カバザシアン系統:カバザシノラゴン

サンダザシアントリトドン系統:カバザシゴチル

一般的なザシアン軸に対してはカバザシノラゴンで選出していた。トリトドンが入ってる構築はウオノラゴン受けにトリトドンがほぼ出てくるためゴチルゼルでキャッチして詰ませる動きを取っていた。有利とも不利とも言えない五分。

 

黒バドレックス軸

サンダーポリゴン2ザシアン

 基本的にはこの選出でほとんど負けないと思う。そもそも最終日にほとんど当たらなかったためわからない。黒バドレックスに対してポリゴン2を投げて型を判別しプランを立てる。タスキの場合はトリックルームを選択しシャドーボールを一回当てて退場して裏のポケモンで詰める。こだわり系の場合はポリの体力をしっかり管理しながら立ち回ることが重要

個人的には有利だと思っている。

 

ムゲンダイナ(受け以外)

カバザシノラゴン

 受け以外のムゲンダイナ軸にはゴチルゼルを投げる必要がないため基本的にはこの選出をしていた。カバルドンでステロを撒き試合をコントロールする。ザシアンが最速ムゲンダイナを抜いているため基本的には有利に立ち回れる。ダイナ+メタモンのような並びだけ若干厳しい。

五分か微有利

 

カイオーガ

カバザシノラゴン

 最終日増えすぎてキツかった。そもそも不利な構築なので気合で勝つしかない。僕はあまり勝てなかった。カバで天候を奪ってウオノラゴンを通す動きが撮れれば一番良い。オーガメタモンは本当に運が良かったり、択を全部勝たないと勝てない。

不利

 

受けループ

ザシアンゴチル@1

 ザシアンで相手のザシアン受けを誘ってゴチルでキャッチして詰ませる動きが基本的な動きである。ムゲンダイナループはなんとかなるがホウオウ受けは永遠にジャンケン。ウオノラゴンを投げてドヒドかトドンを誘ってキャッチしないと勝てない。キャッチすれば勝ち、できなかったら負け。

ムゲンダイナは有利、ホウオウは五分か微不利

 

ネクロズマ

カバザシ@1

 基本不利。ノラゴンが通せそうであれば選出、それ以外の場合はゴチルゼルネクロズマをキャッチしていた。きつい構築ではあるのでそれくらいしないと勝てない。ザシアンで剣の舞を積んでからインファイトネクロズマを処理するルートもある。とにかく積んでないザシアンとネクロ対面を作らないことが重要。

微不利

 

【最終成績】

tn君に叱られた:最高最終レート2056最終93位

f:id:arumix1010:20211001141628j:plain

 

【終わりに】

 前期は最終2桁にかすりもしなかったが今回は二桁に乗せられてとりあえずほっとしています。ただ2100達成できなかったので来シーズン以降もがんばりたいです。今回のレートが伸びなかった原因は後半の環境予想に失敗しカイオーガに対する立ち回りが甘かった点であると思ったので次はしっかりと終盤に合わせて構築の完成度や立ち回りをしっかりしたいです。最近中途半端な成績ばかりなのでそろそろ突き抜けた結果が欲しい。何か質問等あればツイッターの方までよろしくお願いします。

ここまでの閲覧ありがとうございました!

 

【Special 感謝】

・急にこの個体欲しいと言っても提供してくれる方々

・ここまで読んでくださった皆さん

・色々と構築相談に乗ってくださった方々

圧倒的感謝

 

 

 

 

【s18~20使用・s19最終49位】Tundra memorandum

f:id:arumix1010:20210731212341j:image

こんにちはあるです。

冠ルールも終わりということで3シーズンほぼずっとサンダーラオスを使用してたので簡潔に記事というよりはメモ程度に書かせていただきます。同じポケモンでも調整をコロコロ変えていたので細かい調整は省きます。

 

【個体紹介】

サンダー

s18:HDタラプ

s19&20:HSブーツor襷

s18は見えにくいサンダー受けとして、s19と20は初手投げしやすくTODも狙えるHSベースで採用した。シーズンが進むにつれて対策され動かしにくくなった印象だった。襷で使用している際はウツロイドやウオノラゴンなどの本来は引かなければいけない相手にも合法的に突っ込むことができて強かった。襷のアイデアは自分が1番尊敬しているプレイヤーの方が使用していて役割等を聞いて使いやすそうだと感じて採用した。

 

水ウーラオス

s18~20:スカーフAS

初手に投げるというよりはサンダーのボルトチェンジから着地させることが多かった。安定して強かったイメージではあるがs20はあまり通りが良くなかったらしい(7月は10日も潜ってないためわからない)。性格は意地と陽気を変えながら使っていたが、エースバーンに対する乱数が変わるため意地で使用している期間の方が長かった。

 

ポリゴン2

s18:破壊光線HBC

s19&20:身代わりHB

このルールで1番信用していたポケモン。s18では対面エースバーンやウーラオスにも勝てる破壊光線を採用した型、s19と20は身代わりを搭載した型を使用した。身代わり型はミラーや欠伸展開などに対して強かった。特に欠伸展開の構築はカバルドンが吹き飛ばしを持っていないケースが多かったので身代わりから対戦の主導権を握ることができた。3シーズン過労死枠として頑張ってくれた。

 

霊獣ランドロス

s19&20:HDオボン剣舞

s19からずっと流行っていたランドロス。サンダー対面剣舞できるのが強かった。ただランドロスミラーや相手の物理に対してあまり強くないため立ち回りは細心の注意を払う必要があった。s18は地面枠としてガブリアスを採用していたが通りが悪くあまり強いと思えなかったためランドロスに変更した。型がバレていても強いポケモンだったと思う。

 

ヒードラン

s18:もらい火HD

s19~20:ほのおのからだHD

受けや相手のポリゴン2を崩すために採用した。s18はもらい火だったが特性が腐りやすいと感じたためs19からほのおのからだで採用した。これによりトレースポリ2に勝てるようになり崩しの性能が上がったように感じた。役割対象の処理が終わったあとに相手のウーラオスなどの物理ポケモンに対して投げることで火傷を引けばポリゴン2でほぼ全てのポケモンが受かる。物理ポケモン相手に限れば静電気より強いと感じた。

 

ドラパルト

s19&20:意地弱保HAS

s18はここの枠をカプレヒレにしていたがポリゴン2を使用する都合上ゴーストタイプが欲しかったのでドラパルトを採用した。相手のカプレヒレに隙を見せやすい構築だったため初手のレヒレに対してアドバンテージを取れる弱保で採用した。冠ルールだとあまりケアされず刺さる対戦が多かった。sをカミツルギ抜きまでに調整していたためエースバーンに上を取られているのが若干きつかった。ドラパルトを採用しているときほぼ弱保。来期からは間違いなく弱い。

 

【まとめ】

3ヶ月で1回しか2桁に載せられなくてとても難しいルールだと実感しました。次のルールは自分的には構築が組みやすい環境なのではないかなと思うので最終順位、レートを更新できるように頑張りたいです。キャスやYouTubeも8月はちゃんとやろうと思っているのでよかったら見来ていただけると嬉しいです。なにか質問等ありましたらTwitterまでよろしくお願いします。来期こそ目標達成できるように頑張ります。ここまで見ていただきありがとうございました。

f:id:arumix1010:20210731215848j:image

 

 

 

 

 

【S17最終39位レート2032】さよならラグザシアン

f:id:arumix1010:20210501204207j:plain

こんにちは。あるです。最後の竜王戦ルールお疲れさまでした。最高順位を更新できたので一応記事を書かせていただきます。今期もザシアンを使っていました。それでは簡潔に構築紹介させていただきます。

2021/11/1追記少し調整は違いますがレンタルを下に乗せました

f:id:arumix1010:20211102012913j:image

【構築コンセプト】

ステルスロックやゴツメなどで定数ダメージを稼いでエースを通す。

相手に合わせて対面的な選出もできるようにする。

 

【個体解説】

ラグラージ

性格:生意気

持ち物:オボンのみ

努力値:H252.B44.D212

技構成:クイックターン.地震.欠伸.ステルスロック

HDベースのラグラージ。前期の最終7位の方の構築記事を参考に育成しました。ザシアン軸を使う際に対カイオーガ構築にクッションとして選出できるポケモンが欲しかったため採用しましたが予想以上に強かったです。耐久振りサンダーにステロから入れる点も◎

選出率2位

 

treeofleaves.hatenablog.com

 

ザシアン

性格:意地っ張り

努力値:H236.A180.B4.D36.S52

技構成:巨獣斬.じゃれつく.インファイト.身代わり

めちゃくちゃ火力が高いザシアン。巨獣斬とじゃれつくで大体の耐久サンダーが落ちるのが強かったです。欠伸展開を合わせて強い身代わりを採用することによってザシアンより速いポケモンに対しても最低限行動保証が取れるのが強かったです。HDは熱風を持ってない耐久サンダーの場合身代わりがボルトチェンジをほぼ耐えるように調整しました。結局このポケモンが最強なんだと思いました。

選出率1位

 

サンダー

性格:図太い

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:H252.B196.S60

技構成:ボルトチェンジ.暴風.電磁波.羽休め

耐久振りサンダー。静電気だけに頼るのは弱いと思ったので電磁波を採用して裏のポケモンを通しやすくすることを心がけていました。珠も警戒されるため初手ザシアン対面ができたときは巨獣斬から入ってくれたりするので少ないダメージで大きいリターンを得られるのが強かった。身代わり持ちのザシアンは自分以外に使っている人はほとんどいなかったので電磁波の刺さりはよかったです。クッションポケモンとして最低限の仕事をしてくれました。

選出率3位

 

ドラパルト

性格:意地っ張り

持ち物:弱点保険

努力値:H220.A132.B4.D76.S76

技構成:ドラゴンアロー.ゴーストダイブ.バトンタッチ.竜の舞

前期のドラパの技構成を変えただけ。カイオーガ軸に対してめっぽう強いバトンを採用することによってポリゴン2に引かれた際にも竜の舞バトンでザシアンにつなぐことでS+1のザシアンが爆誕します。sが上がったザシアンを止められるポケモンはほとんどいなく+2巨獣斬はサンダーもカバルドンも受からない、決まった時は最強でした。弱点保険発動後バトンが発動すると信じられないくらいの火力を持ったザシアンになりました。このポケモンも最後まで強かった。

選出率5位

 

エースバーン

性格:意地っ張り

持ち物:命の珠

努力値:AS252D4

技構成:火炎ボール.飛び跳ねる.ギガインパクト.飛び膝蹴り

一般的な珠エースバーン。このポケモンが受かるポケモンはほとんどいないのでいろいろな構築にダイマックスエースとして選出しました。途中までは飛び跳ねるを思念の頭突きにしていましたが抜き性能が欲しかったので飛び跳ねるになりました。語ることのないガラルの最強兎。

選出率4位

 

ガラルファイヤー

性格:穏やか

持ち物:カゴのみ

努力値:H204.B4.C140.D36.S124

技構成:燃え上がる怒り.暴風.眠る.悪だくみ

翼が生えた怒りっぽいブラッキー。これも前期結果を残した方の調整を参考にしました。対黒バドレックスやネクロズマ構築に対してよく選出していました。終盤に一定数いたイベルタル入りの構築にも比較的強く、相手がザシアンに対して強めな選出をしてくることが多かったので非常に刺さりがよかったです。ねむカゴにすることによって受け構築やポリゴン2に対しても比較的強いのもよかった。火力が低くて使うのを避けていましたがいざ使ってみると非常に使いやすいポケモンでした。

選出率6位

sansanpoke.hatenablog.com

 

【結果】

TNある最高最終レート2026(46位)

TNゆきトキ最高204×最終2032(39位)

f:id:arumix1010:20210501215135j:plain

f:id:arumix1010:20210501215155j:plain

specialThanks

相変わらず構築相談に乗ってくれたもっちゃん

窓で通話してくれたみんな

応援してくださった皆さん

対戦してくださった皆さん

 

【最後に】

デフレシーズンでも21目指して潜り続けましたが勝ちきれなくてとても悔しかったです。最終一桁に届きそうで届かない初めてのシーズンでした。ただ今までの自分では想像できないくらいの順位をとれたことは素直にうれしいです。2シーズン連続最終二桁をとれたのでここからは毎シーズン二桁以上取れるよう、そして目標の一桁を取れるように頑張りたいです。ここまで読んでくださってありがとうございました。何かありましたらTwitterまでよろしくお願いします。次のシーズンもがんばりましょう!

twitter.com

【S16最終64位レート2052】古色蒼然カバザシアン

f:id:arumix1010:20210401160734p:plain

こんにちは、あるです。S16お疲れさまでした。今期はレート2052、そして初の最終二桁フィニッシュすることができました。また今期は3ROMレート2000も達成することができたのでとても良い構築だったのではないかを思うので構築記事を書かせていただきます。

 

【構築経緯】

序盤から中盤までは耐久振り黒バドレックスを使っていたが自分がうまく組むことができず不利な構築が多かったため違う構築を握ろうと思ったところ知り合いにザシアンを勧めてもらいました。そして構築の原型をもらいそこから補完枠や技を少し変えた構築を終盤使用していました。それでは個体解説に移りたいと思います。

 

【個体解説】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:H252B92D164

技構成:地震、ステロ、欠伸、吹き飛ばし

前期のサックーさんのカバルドンの調整をそのまま使わせていただきました。今期採用したザシアンはそこまでAに厚く努力値を割いていないためステルスロックを絡めてザシアンでステロや砂ダメージが入った相手を処理することを心がけていました。久しぶりに使ったカバルドンでしたがめちゃくちゃ活躍してくれました。ただ終盤になるにつれて同じ欠伸ステロ展開からクイックターンカバルドンに圧をかけられるラグラージが増えてラグラージ入りの構築に対して若干動かしにくかった印象です。それでも最強の起点作成&クッションポケモンとして活躍してくれました。

選出率2位

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:陽気

持ち物:朽ちた剣

努力値:H188A36B4D28S252

技構成:巨獣斬、じゃれつく、聖剣、剣舞

HB:A222ザシアンの巨獣斬と電光石火を確定耐え

HD:黒バドレックスの珠ダイホロウ確定耐え

S:ミラー意識の最速

A:あまり

今期の伝説枠。前期は耐久に厚く努力値を割いたザシアンが多かったのでそれに勝てるように最速で使用しました。もともとAが高いのに加えて特性で一段階上昇するのがバグ。最初はダイマできないので強くなさそうと思っていましたが使ってみると破格の性能をしていました。技構成はタイプ一致の技二つは確定、終盤に鉄壁ジバコイルやアーマーガアなどでザシアンを対策してくる構築が散見されたためそのような構築に対して強めに立ち回ることができる聖なる剣、ほかのザシアンと比較して低めなAを補うための剣の舞を採用しました。ほぼすべての構築に対して選出できるのがとても強かったです。

選出率1位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:臆病

持ち物:命の珠

努力値:CS252D4

技構成:ボルトチェンジ、暴風、快電波、羽休め

ダイマックスアタッカーとしてザシアンと相性の良いサンダーを採用しました。最速にして快電波を持たせることでゼルネアスの上から快電波をうてたり、ダイマックスをして荒らしてから快電波をいれて退場して裏のザシアンの起点にできたりととても強かった。またアタッカーとしてはもちろん相手の特殊積みアタッカーに対して羽+快電波でTODを仕掛けられる点も強力でした。結局このゲームはやはりサンダーが最強なんだと思いました。後述するロトムと通っている方を決めて選出していたため少し選出率は控えめ

選出率6位

 

ブラッキー

f:id:arumix1010:20210301073553g:plain

性格:慎重

持ち物:食べ残し

努力値:H252B12D244

技構成:イカサマ、欠伸、願い事、バトンタッチ

前期使っていたブラッキーの技構成を少し改良しました。バトンタッチを採用することで黒バドレックス対面などでバトンから相手の引き先に合わせてこちらのポケモンを展開する動きがとても強力でした。対特殊伝説に対しては最高のクッションになってくれたり物理アタッカー相手にもイカサマで高負荷をかけられたり相変わらず強いポケモンでした。可愛い。

選出率5位

 

ロトム

f:id:arumix1010:20210401170752g:plain

性格:控え目

持ち物:カゴのみ

努力値:H252B4C84D92S76

技構成:ボルトチェンジハイドロポンプ、悪だくみ、眠る

HD:珠サンダーのダイサンダーをほぼ耐えるくらい、珠オーガの潮吹き確定耐え

S:遅いランドロスを抜けるくらい、一定数いた同じねむかごロトムを抜けるくらい

終盤一定数いたラグラージカバルドンなどの欠伸展開に強い枠として採用しました。またラキヌオーなどの受けの並びに対しても一匹倒せばTODに持っていける点も強かった。ラグラージザシアンのような並びでもラグラージ対面で悪だくみさえ詰めれば裏のザシアンごと貫けるのが強かった。補完枠として最後に入ってきたポケモンだったが最終的にはかなり活躍してくれた。

選出率4位

 

ドラパルト

f:id:arumix1010:20201116023654g:plain

性格:意地っ張り

持ち物:弱点保険

努力値:H220A132B4D76S76

技構成:ドラゴンアロー、ゴーストダイブ、空を飛ぶ、竜の舞

HD:非ダイマ時C4振りサンダーのボルトチェンジダイマックス時カイオーガの珠ダイアイスを耐えるくらい

S:準速エースバーン抜き

A:あまりでなるべく高く

今期一番強かったといっても過言ではないくらい強かった。途中まではチョッキで使っていたがカイオーガにそこまで安定しないことを知って弱点保険で採用。カイオーガ対面になると一度サンダーなどに引いてくることが多かったので竜の舞が通るシーンが多々あった。スカーフ冷凍ビームくらいならダイマックスしなくても耐えるのも偉かった。あまり主流ではないもちものを採用していたため持ち物バレしにくく安易に弱点を突いてくれることが多かった。剣盾のどんな環境でもドラパルトは強い。

選出率3位

 

【選出】

基本選出:カバルドンザシアン@1基本的にはこの並びで選出してました。@1はドラパかサンダーかロトム

カイオーガ:ドラパザシアン@1相手の構築にエースバーンがいたらカバルドン、それ以外はロトムが多かった。

対黒バドレックス:ブラッキーザシアン@1基本的にはサンダーが多かった。でもロトムのほうが通り良かったかも。

 

【結果】

TNしおり:最終レート2052、最終64位

TNジコチュー:最高レート2026最終宇宙

TNある:最高レート2022最終宇宙

f:id:arumix1010:20210401172547p:plain

specialThanks

構築の基盤となる原型をくれたもっちゃん(2100おめでとう)

よく通話してくれたみなさん

対戦相手の皆さん

【最後に】

今まで取れていなかった最終2桁を達成できたのは素直にうれしいです。また初めて複数ROMでレート2000を超えることができたもの少し成長したかなと思いました。シーズン17では2100を達成できるようにまた頑張っていきたいです。なにか質問等ありましたらTwitter@Arumix1010までよろしくお願いいたします。ここまで読んでくださってありがとうございました。

f:id:arumix1010:20210401173126j:plain

レンタルも貼っておくのでよかったら使ってみてください。

【S15最終123位(2037)】昏天黒地ブラバドサンダー

f:id:arumix1010:20210301071945j:plain

こんにちはあるです。シーズン15お疲れ様でした。禁止伝説が解禁されて初めてのシーズンでしたがかなり楽しめました。結果はとても良いとは言えませんでしたがそれなりの結果を残すことができたので簡単に記事に書き起こしたいと思います。

 

【構築経緯】

自分の得意な戦い方はクッションを挟みながらサイクルしてエースで詰めるといった構築なので今回もそのような構築を組むことを第一に考え始めました。シーズン始まってからしばらくは特性の再生力によりサイクル性能が高いホウオウを使用していましたが中速中火力の伝説を使ってしまうと全体的なパワーが落ちてしまう、高耐久のポケモンに対して一方的に起点にされてしまうなどの欠点が露呈してしまったため新しい構築を考えることにしました。いろいろ試した結果、クッションや対面操作をしながら上から高火力を叩き込める黒馬バドレックスを軸に構築を組むことにしました。その後バドレックスと相性がよく苦手なポケモンに対してクッションとなるブラッキー、この二匹で苦手なウーラオスに強めでクッションとなれるHBサンダーの三匹を構築の軸にしました。その後徐々に補完を決めて構築が完成しました。それでは個体解説に移りたいと思います。

 

【個体解説】

黒馬バドレックス

f:id:arumix1010:20210301072930g:plain

性格:臆病

持ち物:命の珠

努力値:CS252あまりD

技構成:アストラルビット,サイコキネシス,ギガドレイン,身代わり

 構築の絶対的軸。高いCとSで上から高負荷をかける構築のエース。主にブラッキーの欠伸展開、サンダーやウーラオスのトンボルチェンから降臨させていました。特性の強力さも相まって抜き性能も非常に高かったです。ただ終盤になるにつれてイベルタルがかなり増殖したことで若干の動きにくさを感じましたがそれでも伝説の名に恥じない活躍をしてくれました。

 

 

ブラッキー

f:id:arumix1010:20210301073553g:plain

性格:慎重

持ち物:食べ残し

努力値:H252,B12,D244

技構成:イカサマ,欠伸,守る,願い事

 主に相手の特殊ポケモンを受けるかつ欠伸で対面操作することが役割。バドレックスミラーやメタモンにバドレックスがコピーされた後の引き先などにも大きく貢献してくれました。願い事という技がほかのポケモンのHPを回復できるので例えば欠伸した後に相手のウーラオスが出てきたタイミングで願い事をしてサンダーに引く動きを取れば鉢巻きを持っているウーラオスに対しても安定して何回かクッションになることができたりもしました。初めてちゃんとブラッキーを使ってみましたが特殊相手に対してはかなり安定したクッションになってくれました。

 

 

連撃ウーラオス

f:id:arumix1010:20210301074724g:plain

性格:陽気

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:AS252

技構成:水流連打,インファイト,雷パンチ,蜻蛉

 サンダーと相性の良い高速アタッカーとしてスカーフ水ウーラオスを採用しました。初手の様子見としてはもちろんサンダーの裏において置きボルトチェンジから着地させる動きも強かったです。技構成は一致技二つと蜻蛉、一定数いたマリルリやレヒレなどに対して打点となる雷パンチを採用しました。このポケモンは一撃ウーラオスと違いダイマックスする動きもとても強力でした。前のシリーズでウーラサンダーを使ってる人が多くいたのがヒントになりました。ありがとうございます。

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:図太い

持ち物:フィラのみ

努力値:HB252C4

技構成:ボルトチェンジ,暴風,快電波,羽休め

 主に相手の物理ポケモンに対するクッションとして採用。ウーラオスとのセットの選出やブラッキーと組み合わせた選出を主にしていました。技構成はよくあるものですがこの並びのサンダーは炎技をきっているケースが多いためナットレイ等に無限に居座られてしまったため熱風などを採用してもよかったかもしれません。暴風を当ててくれれば最強でしたが最終日に2試合合計8連続で暴風外してしまいびっくりしました。この環境でも最強ポケモンでした。

 

ドリュウズ

f:id:arumix1010:20210301080349g:plain

性格:陽気

持ち物:突撃チョッキ

努力値:H12,A252,D72,S172

技構成:地震,アイアンヘッド,ロックブラスト,かわらわり

 ここまでできつかったゼルネアス入りの構築に対してそれなりに強い枠としてドリュウズを採用しました。努力値は昔使っていたものをそのまま使用していたので特に現在に合わせた調整ではないので割愛。技構成はタイプ一致二つと砂を展開するためのロックブラスト、壁展開に対して強くダイナックルによって火力を上げられる瓦割を採用しました。あまり選出する機会がなかったので」この枠は要検討だと思いました。最後まで決まらなかったのが少し残念でした。

 

ガマゲロゲ

f:id:arumix1010:20210301081232g:plain

性格:穏やか

持ち物:オボンのみ

努力値:H252,B76,D180

技構成:熱湯,,大地の力どくどく,ステルスロック

 アタッカーじゃない環境に多い型ではないゲロゲ。カイオーガ絡みの構築に対して選出していました。調整は昔育成したものを使っていましたがカイオーガの珠ダイアイスをオボン込みで2耐え、珠じゃない場合あられダメでオボンが発動するくらいでした。アタッカーが環境に多かったためこのポケモンカイオーガが対面した際にダイマックスしてくることを警戒してくれるため相手は引くかダイマックスをするかの二択になるので安定してステロ展開できたり、毒を入れて裏のスカーフウーラオスなどで簡単にカイオーガを処理することができました。今期の20チャレはこの子のおかげで勝てました。大地の力はほとんど打たなかったので凍える風とかでもよかったかもしれません

 

【選出・きつかったポケモン

基本的にはウーラオスサンダーブラッキー、バドレックスサンダーブラッキーの選出が多かったです。相手の禁伝に合わせて通しやすそうなポケモンで通すことだけを意識して選出するようにしていました。ほとんどの対戦の初手でウーラオスかサンダーを投げていました。

きつかったのはジガルデとイベルタルです。特に終盤流行っていた物理イベルタルが本当にきつくかなり勝率が低かった印象です。

 

【最終結果】

TNある 最終レート2037最終順位123位

TNさくら 最終宇宙

目標としていた2100には遠く及ばず少し悔いが残りましたが構築の完成度や疲労を考えると妥当な成績かなと思いました。構築を組むのが遅すぎたので来期はもっといろいろな構築を早い段階で試して自分に合った構築を組めるようにしたいです。

 

【最後に】

新しいシリーズ最初のシーズンで最初はあまり面白くなさそうと思っていましたが最終的にはかなり楽しめたシーズンでした。20に乗せるのが遅かったせいで最終レートがあまり高くなかったので来期は早めに20に乗せて目標の21に到達できるようにしたいです。来期も今期同様かなり時間が取れると思うのでかなりの頻度でキャスをやると思うのでよかったら見に来てください!何か質問あればTwitter@Arumix1010までお願いします。ここまで読んでくださってありがとうございました。

f:id:arumix1010:20210301083435j:plain

レンタルも載せておくのでよかったら使ってください。

【S14最高2054最終19xx】長靴をはいた龍とマイノリティエースバーン

f:id:arumix1010:20210201065517p:plain

こんにちはあるです。S14お疲れさまでした。今期は現在の環境最後のシーズンということで気合を入れてランクマに臨みました。その結果最後溶けてはしまいましたがそこそこ良い結果を残せたので記事に残したいと思います。

【構築経緯】

序盤は特殊ドラパルトで初手ダイマックスをする構築を使っていましたが通りが悪くなってしまった。その後前期結果を残した構築にカイリューと毒ナットレイを組ませた構築がありその構築が様々な範囲のポケモンに対して強く立ち回ることができるのではないかと考え構築をスタート。この二匹で重いサンダーに対して強い枠としてドサイドン、大文字やソラビなどを持っているドラパルトに強く二匹でサイクルを回した後の詰め枠としてアッキミミッキュ、欠伸展開に強く遅いサンダーに対して上から叩けるスカーフレヒレ、最後にエースバーンを入れて構築が完成しました。それでは個体解説に移りたいと思います。

【個体解説】

カイリュー

f:id:arumix1010:20210201065627g:plain

性格:図太い

持ち物:厚底ブーツ

努力値:H244,C12,B252

技構成:エアスラッシュ,放射,地震,羽休め

 構築の軸その1。エースバーン、ゴリランダー、カミツルギなどの物理ポケモンに対するクッションとして採用した。ブーツを持たせることで破格の耐久力を誇る。技構成はタイプ一致打点のエアスラッシュカミツルギに打つ火炎放射、終盤多かったヒードランに対する打点である地震と回復技である羽休めで確定。カイリュー一匹でゴリランダー+ヒードランの並びに強く出られてとても使用感がよかった。本構築のMVP

選出率2位

 

ナットレイ

f:id:arumix1010:20200702133144g:plain

性格:呑気

持ち物:食べ残し

努力値:H252,B148,D108

技構成:ジャイロボール,宿り木,毒々,守る

構築の軸その2。有利対面で毒々を入れることでダメージレースで優位に立てる点が強かった。最終日付近はナットレイの対策が薄い構築も多かったのでかなりの相手に対して刺さっていたと思う。様々な構築に対して選出したかったのでHD両振りをしました。技はこの四つでほぼ確定。守ると毒々、宿り木の相性がとてもよかった。

選出率1位

 

ドサイドン

f:id:arumix1010:20210201085520g:plain

性格:意地っ張り

持ち物:弱点保険

努力値:H132,A76,B4,D228,S68

技構成:ロクブラ,地震,冷凍パンチ,剣舞

サンダーに強い攻め駒としてドサイドンを採用しました。調整はクリフとさんの調整がよさそうだったのでそのまま使わせていただきました。サンダーに対してあと投げして引かれても後続に負荷をかけられる点がとてもよかった。有利不利がはっきりしているポケモンなのでうまくこのポケモンを通せるようにナットレイカイリューでサイクルを回していました。こいつに救われた対戦はとても多かった。ありがとう

選出率4位

 

エースバーン

f:id:arumix1010:20200702131231g:plain

性格:控え目

持ち物:命の珠

努力値:CS252

技構成:火炎放射,熱砂の大地,破壊光線,エレキボール

構築を組む時最後に入ってきた枠。対戦回数を重ねていく中で特殊エースバーン行けるんじゃないかと思い採用しました。技構成はダイマが終わっても命中安定で打てる火炎放射、ウツロイドドサイドンに対しての打点となる熱砂の大地、大アタックの媒体となる破壊光線、ドヒドイデや一定数いたギャラドスに対しての打点となるエレキボールを採用しました。このポケモンに合わせてあと投げしてくるランドロスやウィンディなどの威嚇ポケモンに対して予想外のダメージを与えられたり、一般的な物理エスバを想定した選出に対して 一方的に勝つことができた。またウツロイド展開に対しても熱砂の大地から入ることで電磁波を無効にし、後続に控えているテッカグヤに対してダイサンダーから入ることで相手のダイジェットを半減できるのも強かった。出せる対戦では最強のポケモン

選出率6位

 

ミミッキュ

f:id:arumix1010:20201116015907g:plain

性格:意地っ張り

持ち物:アッキのみ

努力値:H100,A188,B118,D4,S100

技構成:じゃれつく,ゴーストダイブウッドハンマー),影うち,剣舞

モーガン直伝調整のミミッキュ。マジで強かった。二匹でサイクルを回した後の詰めやエースバーンで初手ダイマックスをしたときの詰めとして破格の性能だった。技は一致打点のじゃれつく、二枠目は一致打点であり相手のダイマックスを枯らせるゴーストダイブラグラージカバルドンに対しての打点となるウッドハンマーを交互に使っていた。残りの枠は先制技の影うちとミミッキュと相性の良い剣の舞。ランクバトルでちゃんと使ったのは初めてだったが予想以上に強かった。アッキミラーでも負けなかった。

選出率3位

 

カプ・レヒレ

f:id:arumix1010:20210201092455g:plain

性格:臆病

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:CS252

技構成:なみのり,ムンフォ,冷凍ビーム,トリック

欠伸展開や相手のウーラオスに強い枠として採用。ある程度のポケモンの上から攻撃できる点はとても優秀だった。またトリックを絡めることで相手の受けポケモンや罪ポケモンに対しても強く出られるのがよかった。ただナットレイの毒とあまり相性が良くなかったのが難点。それでも準伝説のスペックに恥じない活躍をしてくれた。

選出率5位

【結果】

TNある/四番目の光

最終日最高2054最終19xx

f:id:arumix1010:20210201093051j:plain

最高レートを40近く更新しましたが21を目指して潜ることができてプレイヤーとして成長できたを思いました。今まで最終日に二桁にも乗ったことなかった人間が今期最後まで上位勢と対戦することができて楽しかったです。来シーズンこそは2100を達成できるように頑張りたいです。

【最後に】

今期はいろいろな人に構築相談をさせていただきました。自分にはない考え方をいろいろと知ることができてとても楽しかったです。本当にありがとうございました。来シーズンからは環境が大きく変わり楽しみな反面、不安なこともありますが今期以上の結果を残せるように頑張りたいと思います。保存しておけばよかったと思わなかったといえばウソにはなりますが潜ったことに後悔はありません。対戦してくださった皆さんありがとうございました。何か質問があればTwitter@Arumix1010までよろしくお願いします。ここまで読んでくださってありがとうございました。

f:id:arumix1010:20210201093658j:plain

 

【S12最終446位(2003)】雷雲招来カバサンダー

f:id:arumix1010:20201201123022p:plain

こんにちはあるです。S12お疲れさまでした。今期は順位こそ振るわなかったもののレート2000を超えることができたので記事を書かせていただきます。

【構築経緯】

今期から多くの準伝説ポケモンが解禁され今までとは違った環境になり構築のコンセプトを決めるのがとても難しかった点と公式大会のカンムリビギニングに序盤は取り組んでいたため構築を組むのが遅くなってしまいなかなか自分の組みたい構築が組めなかった。そんな中カンムリビギニングで強かった構築にサンダーのボルトチェンジから対面操作する構築があり、このコンセプトはランクマでも使えるのではないかと思いサンダーを構築の軸として組み始めた。実際対戦してみると同じコンセプトの構築が多くサンダーの苦手な地面などに対して強いウオノラゴンと組み合わせた構築が多かったので実際試してみるととても使用感がよかったので採用しました。また構築に地面タイプのポケモンが欲しかったのでクッションとして一番信頼しているカバルドンを採用しここから補完をきめて構築が完成しました。それでは個体紹介に移ります。

【使用ポケモン

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:腕白

持ち物:アッキのみ

努力値:HB252あまりD

技構成:地震・氷の牙・欠伸・怠ける

物理に対するクッションとして採用しました。特性によるスリップダメージも優秀で相手のタスキを削ったりカイリューのマルチスケイルをはがしたりすることができました。技構成はタイプ一致の地震ランドロスボーマンダカイリューなどに打点のある氷の牙を攻撃技として採用、起点作成や相手の裏のポケモンを見れたりと優秀な欠伸、サイクル性能を高くしたかったので高速回復技である怠けるを採用しました。ダイマックスすることも少なくなく相手のラム剣舞ランドロスとの打ち合いにも勝てたりとかなり強かったです。地面枠はカバルドン以外使えないかもしれないくらい信用しています。

選出率3位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:控え目

特性:静電気

持ち物:命の珠

努力値H188C164S156

技構成:ボルトチェンジ・暴風・熱風・羽休め

構築の軸のボルトチェンジを覚えたサンダーです。多くの人がHBに努力値を割いていましたが高火力でボルトチェンジで対面操作をして後ろのポケモンにつなげることで高負荷をかけつつ有利対面を作れるのではないかと思い珠を持たせて採用しました。これによりあと投げしてくるバンギやポリゴン2に対してある程度のダメージを与えることができウオノラゴンでエラがみをすることができました。特にバンギラスは高速回復技が眠るしかないので何度もあと投げすることができずサンダーを止めるポケモンがいなくなり詰めることもできました。技はタイプ一致技二つとナットレイカミツルギに対して打点になる熱風、回復技の羽休めとなりました。努力値はHが珠ダメージ最小になるように調整、Sは最速ウオノラゴン抜きあまりCといった感じになりました。暴風を外して負ける試合もありましたがそれ以上に活躍してくれたので文句はありません。

選出率断トツ1位

 

ウオノラゴン

f:id:arumix1010:20201201130057g:plain

性格:意地っ張り

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:AS252D4

技構成:エラがみ・逆鱗・けたぐり・寝言

火力バカ。サンダーのボルトチェンジ後に出すことによって相手に高負荷をかけることができます。性格は少しでも火力が欲しかったのとミラーになった時の同速勝負がいやだったので意地っ張りで採用しました。ナットレイなどの受けてくるポケモンに対してもダイナックルをすることで無理やり切り返せるのが強かったです。最終日付近でしか使いませんでしたがかなりの活躍をしてくれました。意外と顔が可愛い。

選出率2位

 

ポリゴン2

f:id:arumix1010:20201201130722g:plain

性格:生意気(S0個体を使用)

特性:トレース

持ち物:進化の輝石

努力値:H244D252D12

技構成:放電・冷凍ビーム・スピードスワップ・自己再生

特殊受けとしてポリゴン2を採用しました。サンダーに対して受け出せる数少ないポケモンだと思っています。特性は特殊受けでも威嚇持ちの物理アタッカーに対しても強い点やカイリューのマルチスケイルなどの優秀な特性をコピーできるトレースで採用しました。技構成は本当はイカサマにするつもりだったが技レコードがなかったためなくなく採用した放電、氷技の通りがよかったので冷凍ビーム、回復技である自己再生、そして裏のポケモンの起点を作ったり、相手のダイマックスに対して切り返しができるスピードスワップを採用しました。これによって若干苦手だったアーゴヨンなどに対してもうまく切り返すことができるようになりました。初めて使った技でしたがこの技がなければ勝てない対戦も多くあったので強い技だなと感じました。

採用率はカバルドンと同じくらいの3位

 

ウーラオス

f:id:arumix1010:20201201132218g:plain

性格:陽気

持ち物:気合のタスキ

努力値:AS252D4

技構成:インファイト・暗黒強打・不意打ち・挑発

ここまでの構築で苦手なクレセリアやドラパルトに対して強い悪ウーラオスを採用しました。その二匹がいる構築や対面的に選出しなければならない場面で選出していました。技構成はインファイト、暗黒強打、不意打ちまでは確定、残りはカバルドン等の起点にならないように挑発を採用しました。あまり選出する機会は多くなかったですが選出したときはかなり活躍してくれました。いうことなく強いポケモン

選出率6位

 

ナットレイ

f:id:arumix1010:20200702133144g:plain

性格:呑気

持ち物:食べ残し

努力値:HB252D4

技構成:ジャイロボール・種マシンガン・宿り木・ステルスロック

ウツロイドやエースバーンとウーラオス以外の物理ポケモンに比較的強いポケモンとして採用しました。個人的に今期は鋼タイプが必須だと思いました。また性能としてウツロイドには強いこと、それ以外のポケモンに対しても+αで役割があることが条件だと思い、ギルガルドと交互に採用していました。技構成はタイプ一致技二つと宿り木、有利対面で相手に負荷をかけられるステルスロックを採用しました。ナットレイがきつい構築がそれなりにあったのでうまく生かせそうな場合は積極的に採用していました。もうちょっとかわいい見た目になってほしかった。

選出率5位

 

【基本選出】

サンダーを初手に置くことが多かったですがそれ以外は特に決まっておらず相手に合わせて選出をしていました。サンダーが火力も高いため詰めとしても強いことからクッション2とサンダーといった選出も多かったです。相手に合わせて柔軟に選出できるのがサイクル構築のいいところだと思いました。

 

【最終成績】

tn En agua fria 最終446位レート2003

f:id:arumix1010:20201201133841j:plain

その他サブROM宇宙

 

【感想】

最終日二日くらいしか時間を取って潜ることができず構築の完成度もそこまで高くなかったのが残念でした。多分来期も同じような構築で対戦すると思います。2シーズン連続で20達成できたことは素直にうれしかったです。来期は自己ベスト更新できるように頑張りたいと思います。対戦してくれた皆さん、構築相談に乗ってくれた皆さんありがとうございました。来期はもしかしたら配信するかもしれないので見に来ていただけると嬉しいです。

 

スペシャルサンクス】

構築相談に乗ってくれたマキッペ君、ヴァロス君、ゆうと君

最後まで応援してくれたみんな

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。何か質問等ありましたらTwitterまで(Arumix1010)までよろしくお願いいたします。来期はもっと上を目指します。