Out of the blue

まさかまさかの急展開

【マスターボール級到達・オンライン大会優勝】カイリューヘイラッシャサイクル

 くわっすー!あるです。今回は24勝9敗でマスターボール級到達、オンライン大会で友人が優勝した構築の紹介をしたいと思います!サイクル、対面どちらもできるように仕上げられたと思います!レンタルもあるので育成に困ってるけど対戦してみたい方にぜひ使ってみてほしいです!

※サーフゴーの数値を少し伸ばすことができたのでレンタルを更新しました。

 

 

【構築経緯】

 新環境になり自分が好きなサイクルからエースを通す構築を組みたいと思い、クッションになれるポケモンとエースになれるポケモンを探すことにした。その結果腕白HDヘイラッシャと炎テラスタル龍舞カイリューが強そうだと感じたのでこの二匹から構築を組み始めた。

 この二匹では環境トップになるであろうキョジオーンに勝てないと考え三匹目にはキョジオーンのしおづけに対して無限にあと投げできるおんみつマントサーフゴーを採用。

 四匹目には積みの起点をヘイラッシャ以外のポケモンから作れたほうが強いと考えた点とここまでできつい数値受け(防御や特防が高いポケモン)に対してトリックから崩しを狙えるスカーフ水ロトムを採用しこの四匹を構築の軸とした。

 五匹目にはここまでできつめなサザンドラなどのドラゴンタイプに強いポケモンとしてミミッキュを採用。テラスタイプはドラゴンタイプのポケモンは鋼テラスタルが多いと考え、炎タイプを選択した。

 六匹目は全く決まらず、対面選出(なるべく交換しないで相手のポケモンと打ち合う)をした際に強そうなキノガッサを採用し構築が完成した。

【コンセプト】

基本的にはサイクルを形成しダメージレースで優位に立つ。

サイクルができない相手に対しては対面的に動くプランも用意する。

(個体紹介の()内は努力値、実数値は左からHP,攻撃,防御,特攻,特防,素早さの順)

【個体紹介】

カイリュー

性格:意地っ張り

テラスタイプ:炎

特性:マルチスケイル

持ち物:ラムのみ

実数値:197(244)-180(76)-125(76)-*-121(4)-114(108)

技構成:ドラゴンクロー.炎のパンチ.羽休め.竜の舞

調整意図(HはHP、Aは攻撃、Bは防御、Cは特攻、Dは特防、Sは素早さ)

HB:マルチスケイル込みで陽気珠ミミッキュの+2テラスラルシャドークロー+影うち確定耐え 

A:ミミッキュを化けの皮ダメージ+命の珠ダメージ+竜の舞テラスタル炎のパンチで耐久無振りミミッキュを確定で倒せる

S:竜の舞を一回積んだ際に最速ガブリアス抜き

 

 Twitterでいい感じの調整を探していたら見つけたカイリュー。基本的にはヘイラッシャのあくびやロトムのスカーフトリックから積む展開を作り通すのが強い。ヘイラッシャが苦手な草や電気タイプにも比較的強めで相性がいいように感じた。

 技構成はタイプ一致のドラゴンクロー、テラスタルした際にタイプ一致で打てる炎のパンチ、積み技の竜の舞と回復技の羽休め。テラスタイプはフェアリータイプや鋼タイプに強くなる炎。竜の舞と羽休め、特性のマルチスケイルで上から回復して相手がテラスタルを選択したかどうか見れるのがとても強い。これによりテラスタルのじゃんけん要素を軽減できるのが偉かった。

 

 

ヘイラッシャ

性格:腕白

テラスタイプ:草

特性:天然

持ち物:食べ残し

努力値:257(252)-120-149(4)-*-117(252)-55

技構成:アクアブレイク.ゆきなだれ.あくび.まもる

調整意図

HB:余りで高く

HD:ぶっぱ

 

 特性の天然+高耐久でクッションとして最高の性能を誇るポケモンロトムボルトチェンジからつないだり、カイリューが不利な氷タイプ等への引き先としてとても強い。技は一致技のアクアブレイク、ドラゴンタイプへの打点としてゆきなだれ、対面操作できるあくびと食べ残しとの相性がいいまもるを採用。テラスタイプは弱点を消すことができる草で採用。このポケモンで盤面を整えてから裏のポケモンで積む動きがシンプルかつ強力だった。

サーフゴー

性格:ひかえめ

テラスタイプ:飛行

特性:おうごんのからだ

持ち物:おんみつマント

努力値:191(228)-*-115-173(36)-111-135(244)

技構成:シャドーボール.ゴールドラッシュ.わるだくみ.じこさいせい

調整意図

H:定数ダメージをまとめてケアできる数字

C:余りでできるだけ高く

S:最速キノガッサ抜き

 

 新アイテムを持たせた新ポケモン。おんみつマントは相手の技の追加効果を無効にすることができるアイテム。これによりキョジオーンのしおづけに交代から繰り出してもしおづけによる定数ダメージを無効にすることができる。その結果地震を持っていないキョジオーンに対面した際は好きな行動をとることができる。

 技構成はタイプ一致のシャドーボール、専用技で高威力のゴールドラッシュ、積み技のわるだくみと回復技のじこさいせい。テラスタイプは:カバルドンを起点にできたり、じならしが採用されているキノガッサに強くなる飛行。対面からであればおんみつマントのおかげで素早さが下がらないのでじならしキノガッサにも対面勝てる点も強かった。個人的に現環境で一番強いと思っているポケモン

 

ウォッシュロトム

性格:おくびょう

テラスタイプ:フェアリー

特性:ふゆう

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:125-*-128(4)-157(252)-127-151(252)

技構成:ボルトチェンジ,ハイドロポンプ.テラバースト.トリック

調整意図

CS:振り切り

B:余り

 

 初手投げ要因かつ受けに対する崩しポケモンダイマックスがなくなったことによってこだわりトリックが非常に強力になった印象。技構成はタイプ一致で対面操作できるボルトチェンジ、最高打点のハイドロポンプ、テラスタイプによって苦手なドラゴンタイプに対して強くなれるテラバースト、受けポケモンに対しての崩しを狙えるトリック。テラスタイプはドラゴンタイプに強くなるフェアリー。電気技の通りもよいため使用感はなかなか良かった。ハイドロポンプさえ当たれば。

 

ミミッキュ

性格:ようき

テラスタイプ:炎

特性:ばけのかわ

持ち物:いのちのたま

努力値:131(4)-142(252)-100-*-125-162(252)

技構成:じゃれつく,テラバースト.かげうち,剣の舞

調整意図

AS:振り切り

H:あまり

 

 テンプレートのミミッキュ。特性を生かしたストッパー性能が魅力。基本的には最終局面での詰めを担当。

 技はタイプ一致のじゃれつく、テラスタル後に鋼タイプに対する打点をなるテラバースト、先生技のかげうち、積み技の剣の舞。テラスタイプは鋼タイプに強くなる炎で採用。こうすることによってアーマーガアのあと投げも許さずに倒すことができたり、ドラゴンタイプの流行りである鋼テラスタルに対しても強く立ち回ることができる。シンプルかつ強力で強かった。

 

キノガッサ

性格:いじっぱり

テラスタイプ:地面

特性:テクニシャン

持ち物:きあいのタスキ

努力値:135-193(204)-107(52)-*-80-122(252)

技構成:マッハパンチ,タネマシンガン.じならし,キノコのほうし

調整意図

HB:ようきキノガッサマッハパンチを2発耐える。

S:準速

A:余りでできるだけ高く

 

 対面選出要員。テクニシャン+マッハパンチのリーチがとても魅力的。主に軸のポケモンでサイクル選出がしにくい時に選出する。

 技構成はタイプ一致かつ強力な先制技であるマッハパンチ、回数次第では大ダメージを狙えるタネマシンガン、サーフゴーへの打点や素早さ操作として優秀なじならし、必中で相手を眠らせることのできるキノコのほうし。テラスタイプはじならしの威力を上げることのできる地面での採用。

 選出する機会はあまりなかったが選出画面で圧力をかけられるので相手の選出をある程度絞ることができて強かった。

選出パターン

基本選出

ロトム+ヘイラッシャ+カイリュー(サーフゴーorミミッキュ

サイクル寄りの構築なので臨機応変に選出してました。    

 

【終わりに】

 新環境が始まって少しですが今作は育成が大変(特にテラスタイプの変更)だと感じたので、まだ使いたいポケモンは決まってないけど対戦をしてみたいという人に使っていただけたら嬉しいです。これからYoutubeでも定期的に配信していきたいと思っているのでそちらも見ていただけたら幸いです。

ここまでの閲覧ありがとうございました。何かあればツイッターまでお願いします。

www.youtube.com

twitter.com

 

 

 

【S31最高最終レート2000 65位】旋回イベルネクロ



 




くわっすー!あるです。今回は最終レート2000、最終順位65位を達成した構築を簡潔に紹介したいと思います。久しぶりにザシアン以外の禁止伝説を使用しました!軸以外のポケモンがあまり強くないため今回は軸のみの紹介となります。(以下常体)

 

 

【構築経緯】

 五月、六月ともに全くポケモンをやっておらず、環境等も全く分からなかったがオフを通して少しランクマをやってみたいと思ったので構築を考えた。五月シーズンの構築記事をいくつか読んだところ、ほぼすべての構築がカイオーガを受ける枠を用意しており、通りが悪くなっていると考えカイオーガを使わないことをまず決めた。またこの考え方が間違っていなければ、ザシアンを受ける枠として日食ネクロズマがかなり強いと考え、HBネクロズマを構築の軸とした。ネクロズマを使う上で環境に非常に多い黒バドレックスが重くなるので黒バドレックスに強く何度も受け出しが可能であるDSチョッキイベルタルを二匹目の禁止伝説として採用。この二匹でサイクルすることをベースとして残りの枠を考えた。

【コンセプト】

基本的にはサイクルを形成しダメージレースで優位に立つ。

サイクルができない相手に対しては対面的に動くプランも用意する。

流行りの構築に対しての立ち回りを明確にする。

主要な禁止伝説の組み合わせに絶対に勝てない構築を組まない。

 

【個体紹介】

イベルタル



性格:控え目

持ち物:突撃チョッキ

努力値:201-135-115-170(28)-148(236)-150(244)

技構成:悪の波動.デスウイング.熱風.とんぼ返り

調整意図

HD:C特化イベルタルの珠ダイジェット二発を96.9%で耐える

S :準速ウーラオス抜き

C :余りでできるだけ高く

 S30さにー様のイベルタルが黒バドレックスに強いと感じ採用。イベルタルミラーの際に特殊であればデスウィングから入れるのは強かったがS31に関しては物理も多い環境だったのでなかなか難しかった。副産物として臆病珠サンダーにダイマックス同士の打ち合いで勝つことができるなど信じられない耐久だった。とんぼ返りは有利対面を作り引き先に向かって打つことでこちらの有利対面を続けることができるのが偉かった。ザシアンが多い中でも日食ネクロズマと組ませることでその強さをいかんなく発揮してくれた。

選出率2位

参考記事(掲載許可済み)

csunny.hatenablog.com

 

 

日食ネクロズマ



性格:呑気

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:204(252)-177-194(236)-133-132(20)-87

技構成:メテオドライブ.アシストパワー.瞑想.月の光

調整意図

HB:特化ザシアンのインファイト確定2耐え、ステロ込みインファイトを81.7%で2耐え

HD:余りでできるだけ高く

 ザシアン受け兼詰ませ要因として採用。HBで龍舞を採用しようとするとSを早くする都合上特化ザシアンのインファイトを確定で2耐えすることができないためほぼHB特化かつ特殊ポケモンも積ませることができる瞑想型で採用。持ち物は相手のザシアンに対して削りを入れることができるゴツゴツメット。コスモパワーとの差別化点はマジカルフレイムムゲンダイナで止まらない、ラッキーを崩せる点である。ラッキーに関してはこちらのネクロズマのゴツメが見えた瞬間に甘える連打でTODを仕掛けてくるが瞑想型ならTODもされず逆に起点にできる。受けとして出てくるナットレイも貫通することができて強かった。バドレックス+ザシアンの並びが多い環境だったためイベルタルネクロズマで大体勝つことができた。本構築のMVP

 

選出率1位

 

水ウーラオス



性格:意地っ張り

持ち物:気合の襷

努力値:175-200(252)-121(4)-*-80-149(252)

技構成:水流連打.インファイト.アクアジェット.挑発

調整意図

ASぶっぱ

 この二匹できつい相手のホウオウやランドロス等のポケモンカバルドンなどのあくび展開に強い枠として採用。またイベルタルネクロズマでサイクルした後のスイーパーとしても活躍した。上記の相手のポケモンはこちらの構築に対してとても刺さっていたため必ずと言っていいほど選出されるのでこのポケモンは必須であったと思う。挑発を採用することで相手の補助技を阻止してネクロズマで積む展開がとても強かった。

選出率3位

 

カプコケコ



性格:臆病

特性:エレキメイカ

持ち物:光の粘土

努力値:177(252)-*-105-115-106(84)-189(172)

技構成:10万ボルト.挑発.リフレクター.光の壁

調整意図

H :振り切り

BD ;DL調整

S :最速エースバーン抜き

 相手のサンダー入りのバドザシに対してやイベルタルミラーの際に選出するポケモンとして両壁カプコケコを採用した。壁を貼りこちらのネクロズマを展開しやすくすることが主な仕事。相手のイベルタルの一致技を半減で受けられるためミラーにおいてはかなり重宝した。珠サンダー相手に壁からのネクロズマでの瞑想がとても強力だった。しかしそれ以外で選出する機会があまりなかったのでこのポケモンも要検討なのかもしれない。

選出率4位

 

 

選出パターン

基本選出

イベルタルネクロズマ@1が基本。

 そもそも構築を組み終わったのが7月になってからだったため練度も構築の完成度も低すぎてうまくレートを伸ばすことができなかったのが悔やまれる。

【最終成績】

TNコンパス:最高最終レート2000

    

 

【終わりに】

 短い時間ではありましたが最低限の結果を残すことができてよかったです。カイオーガが少ない読みで構築を組みましたが実際にカイオーガに当たった回数は片手で数えられるほどだったので環境読みとしてはあっていたように感じました。もう少ししっかりと構築を煮詰められれば良かったと感じましたが時間の都合上そこまでできなかったのが残念でした。7月も時間があれば頑張りたいと思います。

ここまでの閲覧ありがとうございました。何かあればツイッターまでお願いします。

twitter.com

 

 

 

【Special 感謝】

・通話してくれるみんな

・この記事を最後まで読んでくれたみなさん

・対戦相手のみなさま

・途中まで使っていた貯水ヌオーのためにラブトロスをGTSに捧げてくれたつきひさん

 

 

【S29最高レート2041最終1962】空漠カバザシオーガ

 


くわっすー!あるです。今回は最終結果こそ自分の納得いくものではありませんでしたがそれなりの最高レートを記録することができたので記事を書かせていただきます。(以下常体)

※需要があればレンタル公開します。

 

【構築経緯】

 いろいろな構築を試したがザシアン+カイオーガの並びが自分が使い慣れているかつ同じような並びでも型がわからない匿名性が強いと感じたので前期同様カバルドン+ザシアン+カイオーガ+サンダーの並びから構築を組み始めた。そこから環境に合わせて調整や型をカスタマイズしていき構築が完成した。

【コンセプト】

最低限のサイクル、最低限の対面での殴り合い。

流行りの構築に対しての立ち回りを明確にする。

主要な禁止伝説の組み合わせに絶対に勝てない構築を組まない。

20%に頼らない

【個体紹介】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:215(252)-132-179(196)-*-100(60)-57※Sは最遅ラグラージ抜かれ

技構成:地震.ステルスロック.欠伸.吹き飛ばし

調整意図

HB:命の珠特化ネクロズマのダイスチル最高乱数切り耐え

HD:あまりでなるべく高くかつ臆病珠サンダーの140ダイジェット最高乱数切り耐え

 前期はB努力値が1過剰であったためDを1高くして採用。対ラキヌオー、受け、ジガルデ、ゼクロム、ホウオウ入り等に選出した。使い慣れている点もあってかとても扱いやすく信頼できるポケモンだった。同じようなことしか書いていないので詳しいことは前期の記事を参照。

選出率4位

arumix1010.hatenablog.com

 

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:意地っ張り

持ち物:朽ちたけん

努力値:191(188)-228(140)-135-*-135-191(180)

技構成:きょじゅうざん.じゃれつく.インファイト.電光石火

調整意図

H:16n-1

A:サンダーのとんぼ返り+巨獣斬で耐久調整襷ランドロスを8割以上で倒せる

S:準速スカーフウオノラゴン抜き

 HASベースのザシアン。これまでの傾向から襷ランドロス+バドザシアンのような並びは一定数存在すると考えたのでそこに対して後述するサンダーと絡めてうまく処理できるようにAを調整した。この調整のおかげで初手ランドロス展開が見える構築にはほとんど負けなかった。技は一致技二つと構築単位で重いナットレイに対して強く出れるインファイトを採用。ただヨプのみを持っているナットレイも少なくなかったので炎の牙でもよかったかもしれない。相手の最速ザシアンに対してもサンダーのゴツゴツメットと合わせて対応するようにしていた。相変わらず文句なしで強かった。

選出率1位

 

カイオーガ

f:id:arumix1010:20220301185003g:plain

性格:控え目

持ち物:突撃チョッキ

努力値:185(76)-108-110-212(180)-160-142(252)

技構成:しおふき.冷凍ビーム.雷.岩石封じ

調整意図

HD:特化カイオーガの雷確定3発、ダイマ時臆病珠サンダーの140ダイサンダー確定3発

C:余りでできるだけ高く

S:ミラー意識の準速

 二匹目の禁止伝説枠。前期はS実数値が140だったが準速まで引き上げることによって少しでもチョッキオーガのミラーで勝てる確率を上げた。前期と大きく違う点は岩石封じを採用したことで、これにより相手のダイジェットでSを上げるのを無効化したり、ヌケニンに対して打点を持てたりと偉い要素が多かった。また水技がしおふきしかないためメタモンにコピーされてもザシアンに対する打点がしおふきしかないためHPさえ削ってしまえばザシアンで詰めることも可能になった。HPが減ってしまっていると水打点が弱くなってしまうのだけが難点。

選出率2位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:図太い

特性:静電気

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:197(252)-99-150(252)-145-110-121(4)

技構成:ボルトチェンジ.暴風.とんぼ返り.羽休め

調整意図

HBぶっぱ

 今期のMVP。相手の物理ポケモンに対して削りを入れる枠。ザシアン入りの構築によく選出した。とんぼ返りを採用することで襷を持っている地面枠に対してとんぼ返り+ザシアン着地で処理していた。相手視点は珠もケアしなければならないため岩石封じ等のSを操作する技を強要することができる。これもザシオーガ軸の匿名性による利点である。また周知のようにサンダーは静電気や暴風による上振れ要素もあるため採用しない理由はないように思う。

選出率3位

 

ポリゴン2

f:id:arumix1010:20201201130722g:plain

性格:穏やか

特性:アナライズ

持ち物:進化の輝石

努力値:191(244)-*-111(4)-126(12)-160(244)-81(4)

技構成:トライアタック.シャドーボール.トリックルーム.自己再生

調整意図

HD:控え目珠サンダーの140技を92.2%で2耐え

C:D4振り黒バドレックスに対してシャドーボールの乱数が変わるライン

BS:あまり

 HDに厚く努力値を割いたポリゴン2。黒バドレックスや珠サンダー、ディアルガ等に対して選出した。ザシアンがきつめのポケモンに対して強くとても使いやすかった。トリックルームは悪だくみ黒バドレックスに対してあと投げから悪だくみされても珠以外であればダイサイコを耐えるためこちらのザシアンで切り返すことが可能となり強かった。環境にいるポリゴン2はジガルデやランドロスに対して強く出られるHBが主流であったため珠サンダーも初手からダイマックスを切ってくることが多かったためあと投げからダイマックスを枯らす動きが強かった。電磁波暴風で負けかけることもしばしば。

選出率5位

 

カイリュー

性格:意地っ張り

特性:マルチスケイル

持ち物:命の珠

努力値:179(100)-204(252)-115-*-120-120(156)

技構成:逆鱗.ダブルウイング.炎のパンチ.竜の舞

調整意図

H:10n-1、A222ザシアンのじゃれつくをマルチスケイル込みで耐え

A:特化

S:余り

 今期の珠アタッカー枠。ここまでできついホウオウナットの並びに対して強い枠として採用。また相手のガマゲロゲにも雰囲気強い枠でもあるため珠ゲロゲがあまり選出されなかった。この枠は草結びランドやガマゲロゲ等いろいろ試したが最終的にはカイリューを採用。このおかげでホウオウナットの並びには最終的に子のポケモンを通すことができれば勝てた。技は一致技二つと役割対象であるナットレイに打つ炎のパンチ、ウォール媒体且つ抜き性能を上げる竜の舞を採用した。舞える場面があまり多くなかったので羽休めなどでも強いかもしれない。ラキヌオーのような並びにも選出することができ、構築の補完としてとても優秀であったと思う。 

選出率6位

選出パターン

基本選出

カバザシオーガ:ネクロズマ入りの構築に対してはこの選出が多かった。

サンダーザシアン+ポリorカイオーガ:バドザシアン系統への選出。襷地面枠からの展開が見えそうだった場合はサンダーから、それ以外はザシアンが多かった。

カバザシカイリュー:ラキヌオー系統に選出。カバルドンのステロあくびからカイリューを通すことを意識。

サンダーザシアンカイオーガ:ミラーへの選出。珠サンダーがやばい。

 

その他気分

【最終成績】

TNかき:最高レート2041

     最終レート1962

同じ軸を使用した西中つきひさん  最終44位

 

【終わりに】

 今期は途中まで調子がよくあと二勝で最終一桁を達成できそうでしたがわずかに届きませんでした。保存していても10位台だったので後悔はありません。同上の軸を使用した西中つきひさんも最終二桁を達成しているのでそちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。またいつか最終一桁を目指して頑張りたいです。最終日の対戦動画も少しですが投稿したのでよろしければ見ていただけると嬉しいです。

s29最終日対戦動画【ポケモン剣盾】 - YouTube

ここまでの閲覧ありがとうございました。何かあればツイッターまでお願いします。

twitter.com

 

 

 

【Special 感謝】

・通話してくれるみんな

・この記事を最後まで読んでくれたみなさん

・対戦相手のみなさま

 

 

【S28最終36位レート2045】再臨カバザシオーガ

f:id:arumix1010:20220401231758p:plain

f:id:arumix1010:20220402003859j:plain



 くわっすー!!あるです。今回は前期に引き続き禁止伝説2匹使用可能ルールで最終36位という成績を残すことができたので構築を紹介したいと思います。(以下常体)

 

 

 

【構築経緯】

 トリトドンガマゲロゲヌケニンといった水無効ポケモンなどが増えた影響でカイオーガが通しにくくなったように感じ、ザシアン+ほかの禁止伝説から構築を組み始めようとしたがうまくまとまらず、後半からザシオーガをもう一度使うことを決め、水無効軍団に負けないように構築を考えた。

【コンセプト】

最低限のサイクル、最低限の対面での殴り合い。

剣舞ザシアンを周りでサポートする。

主要な禁止伝説の組み合わせに絶対に勝てない構築を組まない。

20%に頼らない

【個体紹介】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:215(252)-132-180(204)-*-99(52)-57※Sは最遅ラグラージ抜かれ

技構成:地震.ステルスロック.欠伸.吹き飛ばし

調整意図

HB:命の珠特化ネクロズマのダイスチル最高乱数切り耐え

HD:あまりでなるべく高く

 今期はHBにさらに厚くして採用。これにより対ネクロズマ軸に対してさらに強く出られるようになったので良かった。またこちらの禁止伝説に対して強いヌケニンに強い点もグッド。選出する際にはあくびステロ砂ダメージで盤面を整えつつ裏のポケモンを通すことを心掛けていた。ラキヌオーのような並びに対してもステルスロックと後述するサンダーを合わせることで対応していた。個人的には技構成はこれで完結だと思う。

選出率4位

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:陽気

持ち物:朽ちたけん

努力値:191(188)-192(12)-142(52)-*-136(4)-220(252)

技構成:きょじゅうざん.ワイルドボルト.インファイト.剣の舞

調整意図

HB:特化ザシアンの巨獣斬+電光石火を110/123耐え

A:余りでできるだけ高く

S:最速

 前期同様最速剣舞で採用。じゃれつくを打つ相手がほとんどサンダーのみだったので、HBサンダーの処理をほかのポケモンに託す形で終盤一定数いたホウオウポリゴン2やホウオウナットレイに一貫するインファイトワイルドボルトで採用した。カイオーガ軸のザシアンはナットレイが重くなりがちなためインファイトが採用されており、ワイルドボルトがケアされずホウオウが居座ってくるケースがとても多かった。最速はミラーで強いのが強みだったが今期は最速が多く、サブROMは誇張抜きですべて同速負けしたため環境読みは失敗だった。それでも強かった。

選出率1位

 

カイオーガ

f:id:arumix1010:20220301185003g:plain

性格:控え目

持ち物:突撃チョッキ

努力値:187(92)-*-110-212(180)-160-140(236)

技構成:しおふき.熱湯.吹雪.雷

調整意図

HD:特化カイオーガの雷確定3発、臆病珠サンダーの140ダイサンダー確定3発

C:余りでできるだけ高く

S:大体のチョッキカイオーガを抜けるくらいかつ最速ウオノラゴン抜き

 二匹目の禁止伝説枠。前期とほぼ同じでSを伸ばした程度。終わってから気づいたが準速にすれば意地ドリュウズや最速ヒードランを抜けていたため準速でよかったかもしれない。臆病チョッキ以外のカイオーガには対面ほとんど勝てていたので良かったと思う。スカーフも試したがチョッキのほうが対特殊の打ち合いや耐久を生かしたサイクル性能が高い点から自分好みであった。絶対零度を使うと馬鹿になるので回復技を持っていない水無効枠に大ダメージを与えられる吹雪を採用した。相変わらず強かった。

選出率2位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:臆病

特性:プレッシャー

持ち物:命の珠

努力値:165-*-105-177(252)-111(4)-167(252)

技構成:ボルトチェンジ.暴風.熱風.羽休め

調整意図

CSぶっぱ

 今期の珠アタッカー枠。特性は相手の素早さ判定ができるプレッシャー。イベルタル+ザシアンやカイオーガ+ザシアンなどの構築やラキヌオー等の受け絡みの構築に選出した。珠ボルトチェンジが強かった。ほとんどのイベルタルザシアン軸のイベルタルが初手対面でダイアークを押してきたのでボルトチェンジ+ザシアン引きで縛れて強かった。久しぶりに使ったが苦手だったイベルタル+ザシアン+トリトドンのような並びに対してあまり負けなくなったので採用して正解だったと思う。

選出率3位

 

ポリゴン2

f:id:arumix1010:20201201130722g:plain

性格:穏やか

特性:アナライズ

持ち物:進化の輝石

努力値:191(244)-*-118(60)-126(4)-152(188)-82(12)

技構成:シャドーボール.電磁波.身代わり.自己再生

調整意図

HD:臆病珠サンダーの威力140技確定3発

HB:あまりでできるだけ高く

S:麻痺したウーラオス抜き

 ちょっと特殊なポリゴン2最終日の夜8時くらいに風呂で思いついた。黒バドレックスに強く、身代わりがトリトドンの技をすべて耐えるのでカイオーガトリトドンを誘ってこちらのペースに持っていくことができた。またカイオーガを見て選出されるナットレイもHDで鉄壁を持っていないことが多かったため起点にできた。攻撃技はバドレックスに通るかつDダウンを絡ませながらトリトドン等に圧をかけられるシャドーボールを採用した。構築の足りない要素の補完としてとても活躍してくれたと思う。

選出率5位

 

ヌケニン

f:id:arumix1010:20220401231722g:plain

性格:さみしがり

特性:ふしぎなまもり

持ち物:厚底ブーツ

努力値:1-156(252)-45-*-50-92(252)※B個体値0~3

技構成:ポルターガイスト.影うち.鬼火.こらえる

調整意図

ASぶっぱ

 今期のメタモン対策兼ブス枠。ステロで落とされないように持ち物は厚底ブーツで採用。あまり選出はしなかったがメタモンがどうしてもきつい場合のみ選出した。ヌケニンはあくまでこちらのザシアンとカイオーガをコピーされた場合の対策なので必要以上に選出しないように心掛けた。禁止伝説二匹のコピー対策として枠の圧縮をすることができたためポリゴン2同様に補完枠として優秀だった。

選出率6位

選出パターン

基本選出

カバザシオーガ:ネクロズマ入りの構築に対してはこの選出が多かった。

サンザシオーガ:一番パワーが高そうだがあまり選出していない。ミラーで選出

カバザシサンダー:ラキヌオー系統に選出。珠ボルトチェンジを駆使して崩す。

サンザシポリ:イベザシ+水受けのような系統によく選出した。トリトドンにポリゴンを合わせて身代わりを貼れるとこちら有利な展開を作れる。

 

その他気分

【最終成績】

TNある:最高最終レート2045

     最終順位36位

 

【終わりに】

 今期も一桁目指して頑張りましたが構築が固まるのが遅すぎて2000に乗せるのが遅かったのがよくなかったと思います。2000からは一回も負けなかったけど時間も体力も足りなかったです。次こそは最終一桁をとれるように頑張りたいです。

ここまでの閲覧ありがとうございました。何かあればツイッターまでお願いします。

twitter.com

 

 

 

【Special 感謝】

・通話してくれるみんな

・この記事を最後まで読んでくれたみなさん

 

【S27最終20位R2071】邂逅カバザシオーガ

f:id:arumix1010:20220301195009p:plain



 くわっすー!!あるです。今回は禁止伝説2匹使用可能ルールで最終20位という成績を残すことができたので構築を紹介したいと思います。(以下常体)

 

 

 

【構築経緯】

 新しいルールになりどの禁止伝説を使おうか悩んでいたところ、無敵のMOTOYAさんから

お前はザシアンでしか結果を残せないからザシアンを使え」と言われてしまったのでザシアンを一匹目の禁止伝説枠として構築を組み始めた。もう一匹の禁止伝説候補はいろいろと悩んだ結果ザシアンの苦手な炎、地面タイプに強めなカイオーガを採用した。取り巻きは昔使っていた構築をベースとしてカバルドン+サンダー、残りを補完枠として構築を組んだ。

【コンセプト】

最低限のサイクル、最低限の対面での殴り合い。

剣舞ザシアンを周りでサポートする。

主要な禁止伝説の組み合わせに絶対に勝てない構築を組まない。

【個体紹介】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:215(252)-132-172(148)-*-106(108)-57※Sは最遅ラグラージ抜かれ

技構成:地震.ステルスロック.欠伸.吹き飛ばし

調整意図

HB:A222ザシアンの+3巨獣斬確定耐え、A244ザシアンの巨獣斬二発をオボン込み70%耐え

HD:あまりでなるべく高く

 超妥協調整カバルドン。環境にいるザシアンがHS,HAとどちらも存在したため最低限仕事ができるように考えた結果こうなった。一応臆病サンダーのダイジェットは耐えるが控え目は耐えないこともあるので本当に中途半端である。それでも欠伸+ステルスロックを絡めることで後述するザシアンをうまくサポートしてくれた。またオーガザシアンに強いヌケニンに対しても砂とステロで仕事ができる点が優秀で流行っていたオーガザシアン+ヌケニンのような並びにもいけるようなら選出していた。どっきリボン付き

選出率6位

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:陽気

持ち物:朽ちたけん

努力値:191(188)-192(12)-142(52)-*-136(4)-220(252)

技構成:きょじゅうざん.じゃれつく.インファイト.剣の舞

調整意図

HB:特化ザシアンの巨獣斬+電光石火を110/123耐え

A:余りでできるだけ高く

S:最速

 対ザシアン最強のザシアン。ザシアンザシアン対面は記憶している限りでは同速勝負以外すべて勝った。知り合いの配信を見ていた際にザシアンミラーは早くボタンを押した方が先に動くといっていたのでミラーが発生した場合は迷わずAボタン連打していた。今シーズンに関してはあまり最速ザシアンに当たらなかったため対ザシアン軸に対しては有利に立ち回れていたと思う。ただ特化ザシアンと比べると火力が足りないため絶妙に相手を倒せないことがあったがそれでもミラーで負けることが不毛だったため最速を取った。まごうことなき最強ポケモン

選出率1位

 

カイオーガ

f:id:arumix1010:20220301185003g:plain

性格:控え目

持ち物:突撃チョッキ

努力値:191(124)-*-111(4)-212(180)-161(4)-135(196)

技構成:しおふき.熱湯.冷凍ビーム.雷

調整意図

HD:珠サンダーのダイサンダーをほぼ耐え

HB:特化ザシアンのじゃれつく75%耐え

C:余りでできるだけ高く

S:準速マンムー+3

 二匹目の禁止伝説枠。ザシアンを採用する際にきつめな地面炎全般に強いのがとても偉い。突撃チョッキを持たせることで珠サンダーやザシアンと合わせることで物理特殊どちらのイベルタルに対しても強いところがとても使いやすかった。ただどちらもラキヌオーやヌケニンに対して隙を見せてしまうポケモンのため取り巻きでしっかりとケアする必要があったがそれさえケアできれば最強の並びだと思う。

選出率2位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:図太い

特性:静電気

持ち物:アッキのみ

努力値:191(204)-*-148(236)-146(4)-111(4)-128(60)

技構成:放電.暴風.身代わり.羽休め

調整意図

HB:できるだけ高く

S:準速ウオノラゴン抜き

 最強運ゲポケモンメタモン対策。飛行タイプの禁伝を採用しない場合でザシアンを使うならこのポケモンはほぼセットで構築に入ってくると思う。アッキのみを持たせることでザシアンの巨獣斬に対してあと投げでできる。また相手のザシアンに対しても、剣の舞がない場合は詰ませることができるのが強かった。ただ相手のザシアンが最速で剣の舞を持っている場合はこちらのザシアンと同速勝負になってしまうので身代わりの枠は電磁波でもよかったかもしれない。このルールでもめちゃくちゃ強かった。うっかリボン付き

選出率5位

 

ドラパルト

f:id:arumix1010:20201116023654g:plain

性格:せっかち

特性:すり抜け

持ち物:気合のタスキ

努力値:163-156(124)-85-137(132)-95-213(252)

技構成:ドラゴンアロー.祟り目.不意打ち.鬼火

調整意図

A:無振りバドに不意打ちが81.2%で倒せる(鬼火を絡めたら確定)

C:余りでできるだけ高く

S:最速

 意味の分からんドラパルト。バドザシアンがきつすぎて投げられるポケモンを探していたところ不意打ち持ちのタスキドラパルトが最低限仕事ができると感じたため採用した。祟り目を打つと相手に不意打ちをほとんどケアされないため、たとえHPが削れていてもバドレックスに対して仕事ができる点が偉かった。しかしなんともいえない性能だったため諸説。最終日に流行していたランドバドザシアンのような並びにはこのポケモンのおかげですべて負けなかった。最終日そこそこ出したため強いのかもしれない。

選出率4位

 

ガマゲロゲ

f:id:arumix1010:20210301081232g:plain

性格:意地っ張り

特性:すいすい

持ち物:いのちのたま

努力値:180-161(252)-95-*-96(4)-126(252)

技構成:アクアブレイク.地震.パワーウィップ.どくどく

調整意図

ASぶっぱ

D:あまりかつDL調整

 ミラーで強いダイマックスエースとして採用。カイオーガと合わせることでダイストリームで雨を降らせる必要がないため相性がとてもよかった。どくどくは受けに出てくるヌケニンに対して刺さったり、相手の耐久ポケモンに対して圧をかけることができたりと器用な立ち回りをすることができた。ダイウォール媒体になるのもグッドポイント。ただ一定数環境に同じガマゲロゲがいたので同速勝負がしょうもなかった。ドラパルトと合わせて諸説枠。NNたけのこにしたかった。

選出率3位

選出パターン

基本選出

カバザシオーガ

ザシオーガサンダー

ザシオーガゲロゲ

基本的にはこの3パターンが多かった。ミラーでは相手の構築にメタモンヌケニンがいるかどうかでゲロゲを投げるかサンダーを投げるか考えながら選出を決めていた。

【最終成績】

TNなぎ/クワッス:最高レート2070くらいから一勝、最終2071最終20位

f:id:arumix1010:20220301194932j:plain

 

 

【終わりに】

 前期悔しい思いをしたので今期は最高順位を更新できて嬉しい反面、もう少しで一桁に届きそうで悔しい思いもありました。ただ構築の完成度もそこまで高くなく、プレイングもまだまだな部分もあったので妥当なのかなと思いました。まだあと6か月もあるのでどこかのタイミングで一桁を取れるように頑張りたいと思いました。禁止伝説の並びが多様化しているため選出パターンを詳しく書けなかったので何か質問がある場合はTwitterのDM等で質問していただけると幸いです。

ここまでの閲覧ありがとうございました。レンタルも貼っておくのでよかったら使ってみてください。

f:id:arumix1010:20220301195624j:plain

 

 

【Special 感謝】

・僕にザシアンを使えと言ってくれた無敵のMOTOYA

・よく通話してくれるみんな

・対戦してくださった皆様

・クワッス

圧倒的感謝。

f:id:arumix1010:20220301195913j:plain

 

 

 

 

【S22最終93位R2056】叱責カバザシノラゴン

f:id:arumix1010:20211001120926j:plain

 こんにちは、あるです。今回はダイマックスなし禁止伝説ありのルールで93位というそれなりの成績を残すことができたので使用構築を紹介したいと思います。(以下常体)

 

 

 

【構築経緯】

 禁止伝説あり、ダイマックスありの竜王戦ルールで使い慣れていた点、ダイマックスがなくなったことによってさらに単体としての性能が高くなったザシアンを伝説枠として構築を組むところからスタートした。メインロムをレート2000まで上げた際にはミラーでザシアンへの受け先となるウインディ、浮いている枠兼ザシアンとウィンディが苦手なマンムー等の地面枠に強い水ロトムをベースにした構築を使用していたが、ステルスロックを絡められるとウインディがザシアンに対して安定しないなど欠点が露呈してしまったため最終日1日前に構築を組み替えることにした。様々な構築を試したが最終的には前期少し使用していたカバルドン+ザシアン+砂かきウオノラゴンの並びが多くの相手に対して5分以上に戦えると判断し使用することを決意した。

 

【コンセプト】

カバルドンステルスロック+欠伸やサンダーのゴツゴツメット等で定数ダメージを稼ぎエースを通す。

サイクルを回しながらダメージレースで勝利する。

 

【個体紹介】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:H252.B212.D44 ※Sは最遅ラグラージ抜かれ

技構成:地震.ステルスロック.欠伸.吹き飛ばし

調整意図

HB:オボン込みでほぼすべてのザシアンのきょじゅうざんを2回耐える

HD:あまりでなるべく高く

 ありきたりなHBカバルドン竜王戦ルールでは出落ちしないためにDに厚く努力値を割いてサンダーのダイジェット耐えまで調整を施していたが今回のルールではその必要がなく、火力の高いザシアンが多かったためBに厚く努力値を割いた。持ち前の耐久と、ステルスロック+欠伸による起点作成がとても優秀なポケモン。後述するザシアンがそこまで火力がある型ではないためステルスロックによる定数ダメージ稼ぎがかなり優秀だった。今期流行していた禁止伝説+マンムーのような並びにもステルスロックを撒くことによって相手の襷を潰す動きが強力だった。

選出率2位

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:陽気

持ち物:朽ちたけん

努力値:H188.A196.S124

技構成:きょじゅうざん.じゃれつく.インファイト.剣の舞

調整意図

H:臆病眼鏡黒バドレックスのアストラルビットを最高乱数切り耐え

A:余りでできるだけ高く

S:最速ムゲンダイナ抜き抜き

 少し速めなHASザシアン。今期はHAベースのザシアンが多いと予想したため陽気で採用し最低限素早さに努力値を割くことにした。実際最終日はザシアンミラーで素早さで負けたのは一回しかなかったためこの判断は正解だったと思う。ムゲンダイナよりも素早さを高く設定することにより相手のスカーフ判別ができた点はとても優秀だった。技構成はタイプ一致技二つと高くないAを補うための剣の舞、鋼タイプ全般への打点となるインファイトを採用した。炎の牙ではない理由は日食ネクロズマにはインファイトの方が火力が出る点、ヒードランでザシアンを受けにくる構築を咎められる点である。優秀な耐性と種族値のおかげでほぼ全ての構築に対して選出することができた。

選出率1位

 

ウオノラゴン

f:id:arumix1010:20201201130057g:plain

性格:いじっぱり

特性:砂かき

持ち物:こだわり鉢巻

努力値:A252.S252

技構成:エラがみ.逆鱗.ドラゴンダイブ.地震

調整意図

ASぶっぱ

 普通の砂かきウオノラゴン。カバルドンとセットで選出することによってスカーフ持ちではないポケモンに対して上からエラがみを叩き込める。ミラーを意識するならいじっぱりよりも陽気の方が良いが、いじっぱりでないとHBサンダーがステルスロック+エラがみで落とせないためいじっぱりで採用した。技構成は上から殴ることができれば相手に高い負荷をかけられるエラがみ、タイプ一致の逆鱗、逆鱗を打ちたくない場面で打てるドラゴンダイブ、最後にザシアン+水に一貫する地震を採用した。砂かき発動中の制圧力が相変わらず高いポケモンだった。

選出率3位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:図太い

特性:静電気

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:H252.B236.S20

技構成:放電.暴風.とんぼ返り.羽休め

調整意図

HB:できるだけ高く

S:麻痺した最速スカーフウーラオス抜き

 最強運ゲポケモンメタモン入りの構築に最低限投げられる、構築で若干きついウーラオスに対して強い枠として採用。採用したはいいが構築を組んでから最終日まででメタモン入りにあまり当たらなかったり、ウーラオスにもそもそも当たらなかったためあまり選出しなかった。技構成は居座れる電気技が欲しかったので放電、タイプ一致高火力の暴風、地面タイプに対しても対面操作できるとんぼ返り、高速回復技の羽休め。相変わらず相手に対して30%運ゲを仕掛けられる点は強かった。

選出率5位

 

ポリゴン2

f:id:arumix1010:20201201130722g:plain

性格:穏やか

特性:アナライズ

持ち物:進化の輝石

努力値:H244.B156.C12.D92.S4

技構成:冷凍ビーム.シャドーボール.トリックルーム.自己再生

調整意図

HB:臆病眼鏡バドレックスのサイコショック確定2耐え

HD:臆病眼鏡バドレックスのサイコキネシス確定2耐え

C:無振りバドレックスにアナライズシャドーボールが16分の13で落ちる

S:あまり

 黒バドレックス対策としてポリゴン2を採用した。この枠はガラルファイヤー等試したが一番安定するのがポリゴン2だったため最終的にはポリゴン2になった。技構成はジガルデ軸にも選出したかったため冷凍ビーム、バドレックスへの打点となるシャドーボール、襷バドレックスに悪巧みを積まれた場合に切り返しが可能となるトリックルーム、回復技の自己再生の四つ。トリックルームが様々な場面で生きたのでとても強い技であると感じた。ただ最終日に黒バドレックスと一回しか当たらなかったため選出率は低め。

選出率6位

 

ゴチルゼル

f:id:arumix1010:20211001133507g:plain

性格:図太い

特性:かげふみ

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:H252.B252.D4

技構成:アシストパワー.コスモパワー.眠る.トリック

調整意図

HBぶっぱ

 様々な受けループがしんどかったので採用した。ザシアン軸におけるゴチルゼルはムゲンダイナをキャッチするよりもヌオーやドヒドなどをキャッチすることが優先であると考えて眼鏡ではなくスカーフトリックコスモパワーで採用した。ねむかごの場合だとグロパンヌオーに負けてしまったり、眼鏡トリックだとウオノラゴン受けに出てくるトリトドンに負けてしまうのでスカーフで採用。スカーフを持たせることによって擬似的にSを上げることができるのでSがゴチルゼルよりも少し速い積みポケモンが一回積んでから殴ってくる展開を阻害できる。実際最終日前日に日食ネクロズマをスカーフトリックで嵌めて勝つことができた。嫌ってる人が多いポケモンではあるが使ってみると強い。ホウオウ軸にはこのポケモンでウオノラゴン受けをキャッチするしか勝ち筋がなかったため釣り交換を多用して頑張った。

選出率4位

 

選出パターン

ザシアン軸

カバザシアン系統:カバザシノラゴン

サンダザシアントリトドン系統:カバザシゴチル

一般的なザシアン軸に対してはカバザシノラゴンで選出していた。トリトドンが入ってる構築はウオノラゴン受けにトリトドンがほぼ出てくるためゴチルゼルでキャッチして詰ませる動きを取っていた。有利とも不利とも言えない五分。

 

黒バドレックス軸

サンダーポリゴン2ザシアン

 基本的にはこの選出でほとんど負けないと思う。そもそも最終日にほとんど当たらなかったためわからない。黒バドレックスに対してポリゴン2を投げて型を判別しプランを立てる。タスキの場合はトリックルームを選択しシャドーボールを一回当てて退場して裏のポケモンで詰める。こだわり系の場合はポリの体力をしっかり管理しながら立ち回ることが重要

個人的には有利だと思っている。

 

ムゲンダイナ(受け以外)

カバザシノラゴン

 受け以外のムゲンダイナ軸にはゴチルゼルを投げる必要がないため基本的にはこの選出をしていた。カバルドンでステロを撒き試合をコントロールする。ザシアンが最速ムゲンダイナを抜いているため基本的には有利に立ち回れる。ダイナ+メタモンのような並びだけ若干厳しい。

五分か微有利

 

カイオーガ

カバザシノラゴン

 最終日増えすぎてキツかった。そもそも不利な構築なので気合で勝つしかない。僕はあまり勝てなかった。カバで天候を奪ってウオノラゴンを通す動きが撮れれば一番良い。オーガメタモンは本当に運が良かったり、択を全部勝たないと勝てない。

不利

 

受けループ

ザシアンゴチル@1

 ザシアンで相手のザシアン受けを誘ってゴチルでキャッチして詰ませる動きが基本的な動きである。ムゲンダイナループはなんとかなるがホウオウ受けは永遠にジャンケン。ウオノラゴンを投げてドヒドかトドンを誘ってキャッチしないと勝てない。キャッチすれば勝ち、できなかったら負け。

ムゲンダイナは有利、ホウオウは五分か微不利

 

ネクロズマ

カバザシ@1

 基本不利。ノラゴンが通せそうであれば選出、それ以外の場合はゴチルゼルネクロズマをキャッチしていた。きつい構築ではあるのでそれくらいしないと勝てない。ザシアンで剣の舞を積んでからインファイトネクロズマを処理するルートもある。とにかく積んでないザシアンとネクロ対面を作らないことが重要。

微不利

 

【最終成績】

tn君に叱られた:最高最終レート2056最終93位

f:id:arumix1010:20211001141628j:plain

 

【終わりに】

 前期は最終2桁にかすりもしなかったが今回は二桁に乗せられてとりあえずほっとしています。ただ2100達成できなかったので来シーズン以降もがんばりたいです。今回のレートが伸びなかった原因は後半の環境予想に失敗しカイオーガに対する立ち回りが甘かった点であると思ったので次はしっかりと終盤に合わせて構築の完成度や立ち回りをしっかりしたいです。最近中途半端な成績ばかりなのでそろそろ突き抜けた結果が欲しい。何か質問等あればツイッターの方までよろしくお願いします。

ここまでの閲覧ありがとうございました!

 

【Special 感謝】

・急にこの個体欲しいと言っても提供してくれる方々

・ここまで読んでくださった皆さん

・色々と構築相談に乗ってくださった方々

圧倒的感謝