Out of the blue

まさかまさかの急展開

【S22最終93位R2056】叱責カバザシノラゴン

f:id:arumix1010:20211001120926j:plain

 こんにちは、あるです。今回はダイマックスなし禁止伝説ありのルールで93位というそれなりの成績を残すことができたので使用構築を紹介したいと思います。(以下常体)

 

 

 

【構築経緯】

 禁止伝説あり、ダイマックスありの竜王戦ルールで使い慣れていた点、ダイマックスがなくなったことによってさらに単体としての性能が高くなったザシアンを伝説枠として構築を組むところからスタートした。メインロムをレート2000まで上げた際にはミラーでザシアンへの受け先となるウインディ、浮いている枠兼ザシアンとウィンディが苦手なマンムー等の地面枠に強い水ロトムをベースにした構築を使用していたが、ステルスロックを絡められるとウインディがザシアンに対して安定しないなど欠点が露呈してしまったため最終日1日前に構築を組み替えることにした。様々な構築を試したが最終的には前期少し使用していたカバルドン+ザシアン+砂かきウオノラゴンの並びが多くの相手に対して5分以上に戦えると判断し使用することを決意した。

 

【コンセプト】

カバルドンステルスロック+欠伸やサンダーのゴツゴツメット等で定数ダメージを稼ぎエースを通す。

サイクルを回しながらダメージレースで勝利する。

 

【個体紹介】

カバルドン

f:id:arumix1010:20200702130504g:plain

性格:呑気

持ち物:オボンのみ

努力値:H252.B212.D44 ※Sは最遅ラグラージ抜かれ

技構成:地震.ステルスロック.欠伸.吹き飛ばし

調整意図

HB:オボン込みでほぼすべてのザシアンのきょじゅうざんを2回耐える

HD:あまりでなるべく高く

 ありきたりなHBカバルドン竜王戦ルールでは出落ちしないためにDに厚く努力値を割いてサンダーのダイジェット耐えまで調整を施していたが今回のルールではその必要がなく、火力の高いザシアンが多かったためBに厚く努力値を割いた。持ち前の耐久と、ステルスロック+欠伸による起点作成がとても優秀なポケモン。後述するザシアンがそこまで火力がある型ではないためステルスロックによる定数ダメージ稼ぎがかなり優秀だった。今期流行していた禁止伝説+マンムーのような並びにもステルスロックを撒くことによって相手の襷を潰す動きが強力だった。

選出率2位

 

ザシアン

f:id:arumix1010:20210401164318g:plain

性格:陽気

持ち物:朽ちたけん

努力値:H188.A196.S124

技構成:きょじゅうざん.じゃれつく.インファイト.剣の舞

調整意図

H:臆病眼鏡黒バドレックスのアストラルビットを最高乱数切り耐え

A:余りでできるだけ高く

S:最速ムゲンダイナ抜き抜き

 少し速めなHASザシアン。今期はHAベースのザシアンが多いと予想したため陽気で採用し最低限素早さに努力値を割くことにした。実際最終日はザシアンミラーで素早さで負けたのは一回しかなかったためこの判断は正解だったと思う。ムゲンダイナよりも素早さを高く設定することにより相手のスカーフ判別ができた点はとても優秀だった。技構成はタイプ一致技二つと高くないAを補うための剣の舞、鋼タイプ全般への打点となるインファイトを採用した。炎の牙ではない理由は日食ネクロズマにはインファイトの方が火力が出る点、ヒードランでザシアンを受けにくる構築を咎められる点である。優秀な耐性と種族値のおかげでほぼ全ての構築に対して選出することができた。

選出率1位

 

ウオノラゴン

f:id:arumix1010:20201201130057g:plain

性格:いじっぱり

特性:砂かき

持ち物:こだわり鉢巻

努力値:A252.S252

技構成:エラがみ.逆鱗.ドラゴンダイブ.地震

調整意図

ASぶっぱ

 普通の砂かきウオノラゴン。カバルドンとセットで選出することによってスカーフ持ちではないポケモンに対して上からエラがみを叩き込める。ミラーを意識するならいじっぱりよりも陽気の方が良いが、いじっぱりでないとHBサンダーがステルスロック+エラがみで落とせないためいじっぱりで採用した。技構成は上から殴ることができれば相手に高い負荷をかけられるエラがみ、タイプ一致の逆鱗、逆鱗を打ちたくない場面で打てるドラゴンダイブ、最後にザシアン+水に一貫する地震を採用した。砂かき発動中の制圧力が相変わらず高いポケモンだった。

選出率3位

 

サンダー

f:id:arumix1010:20201201124829g:plain

性格:図太い

特性:静電気

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:H252.B236.S20

技構成:放電.暴風.とんぼ返り.羽休め

調整意図

HB:できるだけ高く

S:麻痺した最速スカーフウーラオス抜き

 最強運ゲポケモンメタモン入りの構築に最低限投げられる、構築で若干きついウーラオスに対して強い枠として採用。採用したはいいが構築を組んでから最終日まででメタモン入りにあまり当たらなかったり、ウーラオスにもそもそも当たらなかったためあまり選出しなかった。技構成は居座れる電気技が欲しかったので放電、タイプ一致高火力の暴風、地面タイプに対しても対面操作できるとんぼ返り、高速回復技の羽休め。相変わらず相手に対して30%運ゲを仕掛けられる点は強かった。

選出率5位

 

ポリゴン2

f:id:arumix1010:20201201130722g:plain

性格:穏やか

特性:アナライズ

持ち物:進化の輝石

努力値:H244.B156.C12.D92.S4

技構成:冷凍ビーム.シャドーボール.トリックルーム.自己再生

調整意図

HB:臆病眼鏡バドレックスのサイコショック確定2耐え

HD:臆病眼鏡バドレックスのサイコキネシス確定2耐え

C:無振りバドレックスにアナライズシャドーボールが16分の13で落ちる

S:あまり

 黒バドレックス対策としてポリゴン2を採用した。この枠はガラルファイヤー等試したが一番安定するのがポリゴン2だったため最終的にはポリゴン2になった。技構成はジガルデ軸にも選出したかったため冷凍ビーム、バドレックスへの打点となるシャドーボール、襷バドレックスに悪巧みを積まれた場合に切り返しが可能となるトリックルーム、回復技の自己再生の四つ。トリックルームが様々な場面で生きたのでとても強い技であると感じた。ただ最終日に黒バドレックスと一回しか当たらなかったため選出率は低め。

選出率6位

 

ゴチルゼル

f:id:arumix1010:20211001133507g:plain

性格:図太い

特性:かげふみ

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:H252.B252.D4

技構成:アシストパワー.コスモパワー.眠る.トリック

調整意図

HBぶっぱ

 様々な受けループがしんどかったので採用した。ザシアン軸におけるゴチルゼルはムゲンダイナをキャッチするよりもヌオーやドヒドなどをキャッチすることが優先であると考えて眼鏡ではなくスカーフトリックコスモパワーで採用した。ねむかごの場合だとグロパンヌオーに負けてしまったり、眼鏡トリックだとウオノラゴン受けに出てくるトリトドンに負けてしまうのでスカーフで採用。スカーフを持たせることによって擬似的にSを上げることができるのでSがゴチルゼルよりも少し速い積みポケモンが一回積んでから殴ってくる展開を阻害できる。実際最終日前日に日食ネクロズマをスカーフトリックで嵌めて勝つことができた。嫌ってる人が多いポケモンではあるが使ってみると強い。ホウオウ軸にはこのポケモンでウオノラゴン受けをキャッチするしか勝ち筋がなかったため釣り交換を多用して頑張った。

選出率4位

 

選出パターン

ザシアン軸

カバザシアン系統:カバザシノラゴン

サンダザシアントリトドン系統:カバザシゴチル

一般的なザシアン軸に対してはカバザシノラゴンで選出していた。トリトドンが入ってる構築はウオノラゴン受けにトリトドンがほぼ出てくるためゴチルゼルでキャッチして詰ませる動きを取っていた。有利とも不利とも言えない五分。

 

黒バドレックス軸

サンダーポリゴン2ザシアン

 基本的にはこの選出でほとんど負けないと思う。そもそも最終日にほとんど当たらなかったためわからない。黒バドレックスに対してポリゴン2を投げて型を判別しプランを立てる。タスキの場合はトリックルームを選択しシャドーボールを一回当てて退場して裏のポケモンで詰める。こだわり系の場合はポリの体力をしっかり管理しながら立ち回ることが重要

個人的には有利だと思っている。

 

ムゲンダイナ(受け以外)

カバザシノラゴン

 受け以外のムゲンダイナ軸にはゴチルゼルを投げる必要がないため基本的にはこの選出をしていた。カバルドンでステロを撒き試合をコントロールする。ザシアンが最速ムゲンダイナを抜いているため基本的には有利に立ち回れる。ダイナ+メタモンのような並びだけ若干厳しい。

五分か微有利

 

カイオーガ

カバザシノラゴン

 最終日増えすぎてキツかった。そもそも不利な構築なので気合で勝つしかない。僕はあまり勝てなかった。カバで天候を奪ってウオノラゴンを通す動きが撮れれば一番良い。オーガメタモンは本当に運が良かったり、択を全部勝たないと勝てない。

不利

 

受けループ

ザシアンゴチル@1

 ザシアンで相手のザシアン受けを誘ってゴチルでキャッチして詰ませる動きが基本的な動きである。ムゲンダイナループはなんとかなるがホウオウ受けは永遠にジャンケン。ウオノラゴンを投げてドヒドかトドンを誘ってキャッチしないと勝てない。キャッチすれば勝ち、できなかったら負け。

ムゲンダイナは有利、ホウオウは五分か微不利

 

ネクロズマ

カバザシ@1

 基本不利。ノラゴンが通せそうであれば選出、それ以外の場合はゴチルゼルネクロズマをキャッチしていた。きつい構築ではあるのでそれくらいしないと勝てない。ザシアンで剣の舞を積んでからインファイトネクロズマを処理するルートもある。とにかく積んでないザシアンとネクロ対面を作らないことが重要。

微不利

 

【最終成績】

tn君に叱られた:最高最終レート2056最終93位

f:id:arumix1010:20211001141628j:plain

 

【終わりに】

 前期は最終2桁にかすりもしなかったが今回は二桁に乗せられてとりあえずほっとしています。ただ2100達成できなかったので来シーズン以降もがんばりたいです。今回のレートが伸びなかった原因は後半の環境予想に失敗しカイオーガに対する立ち回りが甘かった点であると思ったので次はしっかりと終盤に合わせて構築の完成度や立ち回りをしっかりしたいです。最近中途半端な成績ばかりなのでそろそろ突き抜けた結果が欲しい。何か質問等あればツイッターの方までよろしくお願いします。

ここまでの閲覧ありがとうございました!

 

【Special 感謝】

・急にこの個体欲しいと言っても提供してくれる方々

・ここまで読んでくださった皆さん

・色々と構築相談に乗ってくださった方々

圧倒的感謝