Out of the blue

まさかまさかの急展開

【S1最終32位】カバカイリューでGO!!

f:id:arumix1010:20230105190754j:image 

f:id:arumix1010:20230105190909j:image

 くわっすー!あるです。今回はポケモンSVシーズン1にて最終32位を記録したため構築記事を書かせていただきます。ステルスロック+サイクル+積みのシンプルかつ強力な構築に仕上げることができたと思うので是非読んでいってください。

 

【構築経緯】

 シーズン序盤からカイリュー+サーフゴーの並びが受け攻めともに補完に優れていると感じこの二匹をうまく使うところから構築を組み始めた。この二匹、特にカイリューは数値の高さと強力な特性から受け出しした後に相手を引かせることができるかつ竜の舞からの制圧力が高いと感じ、そのカイリューの能力をフルに生かすことができるステルスロック持ちのポケモンを採用しようと考えた。結果二匹が苦手なガブリアスやドラパルトに最低限行動保証があり電気の一貫を切ることができるカバルドンを採用した。当初はHBD調整だったが、龍テラスタル特殊ドラパルトや眼鏡徹底抗戦ジバコイルなどに一撃で倒されてしまうことがあったので最終的には慎重HDで採用。この三匹を軸として残りの三匹を考えた。

 

 四匹目にはここまでできつめな受け構築に対して弱くなく、天然勢に圧力をかけられるサザンドラを採用。型はメトロノームや隠密マントなど時期によって異なるが最終的には瞬間火力意識のこだわり眼鏡で採用した。

 

 五匹目にはカバルドンが投げにくい構築に投げられる第二のステロ要員かつ龍の一貫を切れる枠として中盤あたりから流行していたドラゴンテールガブリアスやコノヨザル展開に弱くないHBDデカヌチャンを採用。持ち物はガブリアス等にしっかりと仕事ができる風船とした。

 

 六匹目にはセグレイブ入りの対面構築に強く、ここまでで若干重めなイルカマン入りの構築に対して、威嚇を絡めることで強く動くことのできるパルデア水ケンタロスを採用。持ち物はウルガモスサザンドラに対しても強くなる突撃チョッキとした。

 

【コンセプト】

ステルスロックを絡めたサイクルor対面選出

カバルドンやサーフゴーでカイリューをサポートしながら竜の舞+テラスタルですべてを貫く。

・流行りのテラスタルや型を把握し、常に即負けにつながるプレイングをしない。

 

 

【個体紹介】

カバルドン

性格::慎重

 

テラスタイプ:フェアリー

 

特性:すなおこし

 

持ち物:オボンのみ

 

実数値:215(252)-132-142(28)-*-133(228)-67

 

技構成:地震.ステルスロック.あくび.吹き飛ばし↔氷の牙

 

調整意図

HB:余りでできるだけ高く

HD:龍テラスドラパルトの眼鏡流星群を最高乱数切り耐え

    眼鏡ジバコイルの徹底抗戦確定耐え

 

 9世代が始まってからはHBDカバルドンが多かったが今回は幅広いポケモンに対して行動保証があるHDで採用した。これにより様々な構築に対して選出することができ非常に使用感がよかった。

 

 技構成はテンプレの四つ。途中までは身代わり挑発サザンドラや飛行サーフゴーに抗うことができる氷の牙を採用していたが、サザンドラには鋼テラスタルを切られたら起点にされる点や、悪だくみ飛行サーフゴーに氷の牙があっても起点にされたため最終的には吹き飛ばしで採用。

 

 テラスタルは龍の一貫を切ることができるフェアリー。何戦かはハチマキガブリアスの逆鱗を無効にして勝つことができたので間違っていない選択だったと思う。後述するサーフゴーと合わせてカイリューの起点を作る。

 

 

カイリュー

性格::意地っ張り

 

テラスタイプ:ノーマル

 

特性:マルチスケイル

 

持ち物:食べ残し

 

実数値:193(212)-189(140)-115-*-120-120(156)

 

技構成:地震.しんそく.竜の舞.羽休め

 

調整意図

H:食べ残し回復量意識

A:余りでできるだけ高く

S:+1で最速ゲンガー抜き

 

 構築の軸でありこのルール最強ポケモン。終盤には飛行テラスタルカイリューが多かったが竜の舞+テラスタルしんそくが強いと最後まで感じていたためずっとこの型を使い続けた。特性を生かした受け出しや竜の舞による積みが強力で天然持ちのポケモンがいない構築にはとても刺さっていた印象。基本的にはあくび+ステルスロック、サーフゴーの電磁波から龍の舞を積み全抜きを狙っていく。

 

 技構成はテラスタルした際に先制技とは思えない火力を発揮できるしんそくしんそくが通らない鋼タイプへの高打点として地震、積み技の竜の舞と回復技の羽休め。覚える技と特性が優秀すぎるため様々な型が増えており、選出画面での対策を一匹でするのは無理なため相手の選出をある程度予想できるのもこのポケモンの強みである。

 

 持ち物はカバルドンの砂や、とんぼ返りなどに受け出しした際に体力管理ができる食べ残しで採用。ただ最終盤はほぼすべての構築にステルスロックが採用されていたため、厚底ブーツなどでもよかったかもしれない。

 

 

サーフゴー

性格::ずぶとい

 

テラスタイプ:飛行

 

特性:おうごんのからだ

 

持ち物:ゴツゴツメット

 

実数値:191(228)-*-154(196)-155(12)-112(4)-113(68)

 

技構成:祟り目.きあいだま.電磁波.自己再生

 

調整意図

H:定数ダメージをまとめてケアできる数字

B:11n

C:余り

D:余り

S:準速60族、最速50族抜き

 

 軸の二匹目。軸できつめなマリルリやまれにいるギャラドスへの引き先、電磁波によるサポートやアンコールカイリューへの対策が主な役割。終盤は相手のカイリューを止める役割を見事にこなしてくれた。カイリューとの補完が素晴らしく、ステルスロックを撒いた後に二匹でサイクルしながら相手を削る展開も多かった。

 

 技構成は状態異常の相手に高火力を叩き込める祟り目、命中不安定ながらドドゲザンやサザンドラに交換読みでうてるきあいだま、味方のサポートかつ自身の技の威力上昇できる電磁波、回復技の自己再生の四つ。同じ調整の悪だくみ型との差別化点は隠密マントラウドボーンにテラスタルを切りあったときに勝てる点とほかのポケモンのサポートができる点。

 

 テラスタルは地面タイプの技を無効にでき、選出されやすいカバルドンを無力化できる飛行で採用した。基本的には素のタイプが優秀なのであまりテラスタルはしなかった。

 

 持ち物は接触技に対してあと投げすることで削りを入れられるゴツゴツメットカイリューの神速と合わせることで縛れる範囲が広くなる。タイプ数値特性すべてが優秀な最強ポケモン

 

 

サザンドラ

性格::ひかえめ

 

テラスタイプ:鋼

 

特性:浮遊

 

持ち物:こだわり眼鏡

 

実数値:167-*-111(4)-194(252)-110-150(252)

 

技構成:悪の波動.ラスターカノン.大文字.とんぼ返り

 

調整意図

CS振り切り

 

 構築の補完枠。受け構築に選出できて特殊で殴れるポケモンを探していたところこのポケモンしか思いつかなかったので採用。ステルスロックを合わせて受けを崩すためだけに採用したため流星群なし。

 

 技構成はタイプ一致で一貫の取れる悪の波動、テラスタルした際に高火力になりフェアリーへの打点となるラスターカノン、デカヌチャン等鋼タイプへの打点として大文字、対面操作できるとんぼ返りの四つ。受け構築には物理受けにサザンドラを合わせて、とんぼ返りで対面操作しながら圧をかけ続けて処理することを考えながら行動した。

 

 テラスタルは特性と相性の良い鋼。なんだかんだこれが一番強い。この枠はなかなか決まらず同じサザンドラでも身代わり挑発のような型のほうがよかったとシーズン終了後に思ったためあまり適切なポケモンではないように思った。

 

 持ち物は瞬間火力が出せるこだわり眼鏡。ひかえめ悪の波動の威力が思ったより高く、選出した対戦では相手に大きく圧力をかけることができた。

 

 

デカヌチャン

性格::腕白

 

テラスタイプ:ノーマル

 

特性:かたやぶり

 

持ち物:風船

 

実数値:191(244)-96(4)-127(148)-*-136(84)-118(28)

 

技構成:はたきおとす.アンコール.電磁波.ステルスロック

 

調整意図

HB:意地っ張りセグレイブの炎テラバースト耐え

HD:臆病眼鏡サザンドラの大文字最高乱数切り耐え

S:麻痺した+1セグレイブ抜き

A:あまり

 

 二匹目のステルスロック撒き。最終4位を取った知り合いの調整を少しいじったもの。ガブリアスカイリューのような多かった並びや硬い電気玉コノヨザルのステロ展開に対してかなり強かった。

 

 技構成はもちものを消しながら相手の型判別ができるはたきおとす、相手の積みや展開を邪魔できるアンコール、後続をサポートできる電磁波とステルスロック。教えてもらったものをそのまま採用したが完成された技構成でとても使いやすかった。

 

 持ち物は役割を遂行したいガブリアス入りになどに地震もしくは逆鱗が選択されるであろう場面であと投げが安定になる風船。これにより一定数いたステロドラテや鉢巻きガブリアスに対してめっぽう強くなった。最終日に投入したがもっと前から採用していてもよかったかもしれない。

 

ケンタロス

性格::陽気

 

テラスタイプ:格闘(氷)

 

特性:威嚇

 

持ち物:突撃チョッキ

 

実数値:151(4)-162(252)-125-*-90-167(252)

 

技構成:ウェーブタックル.インファイト.じならし.アクアジェット↔テラバースト

 

調整意図

 

AS振り切り

 

 ここまでで厳しいイルカマンやセグレイブに雰囲気強い枠。特性の威嚇を絡めるとセグレイブ対面で倒される技がないので初手に地ならしを選択することでテラスタル→竜の舞の動きに対して確実に二回行動できるようになり、二ターン目にインファイトorウェーブタックルを選択することで確実に後ろのカイリューしんそく圏内に押し込むことができる。

 

 技構成は最大打点のウェーブタックルとインファイト、S操作することによって前述したセグレイブに対して安定したり、対面スカーフサーフゴーを処理できるじならし、先制技のアクアジェットアクアジェットの枠は途中まで氷テラスタルで採用し、あと投げしてきたHBカイリュー咎めることができるテラバーストの時もあった。

 

 持ち物は幅広い相手に対面打ち合いができる突撃チョッキで採用。ウルガモスサザンドラなどに対しても強く立ち回ることができたのでとても使用感がよかった。

 

 

【選出パターン】

カイリュー+サーフゴー+カバルドンorデカヌチャン

 基本的にはこの選出が多かった。サイクルを回しながらステルスロックを撒きカイリューかサーフゴーで締める展開を心掛けていた。セグレイブがいる対面寄りの構築に対してはケンタロスを選出するようにしていた。

 

【最終成績】

TNかき:最終順位32位

 

【終わりに】

 新世代最初のシーズンということで気合いを入れて頑張りましたがそれなりの結果が出てほっとしています。ただこれで満足することなく次からも常に最上位を目指して取り組んでいきたいと思います。1月はなるべく配信等できるようにしたいと考えているのでよければチャンネル登録をして見に来ていただけると嬉しいです。

 ここまでの閲覧ありがとうございました。何かあればツイッターまでよろしくお願いいたします。

 

www.youtube.com

 

twitter.com